html2012-09.png
HTMLのタグに関する記事を書いているとよくあるのですが、
いつもHTMLタグの囲みの部分である < > の部分を表記しようとすると
それがタグと認識されてしまう問題が出てきます。

この< >ですが、HTMLとして正しい文法で
ページ上に表示するタグがあるので、それを掲載しておきます。

#自分の作業用のメモですねw


< を表示する場合
&lt;
上記をHTML内に記述する。

>を表示する場合
&gt;
上記をHTML内に記述する。

はい、以上です。

HTMLの記述に関する記事を掲載するときなどは、
この記述方法を使うことをオススメします。

また、「&」を表示する記述として、
&amp;
という書き方もありますので、
一緒に覚えておくと便利だと思います。

 

関連キーワード