windows006

トラブル対応のためにときどきセーフモードでWindowsを起動しなおすことがあるのだけど、PCのハードウェアによってセーフモードで起動するためのオプション画面へ移動するのが難しかったりしますよね。

F8キーを押すタイミングがシビアだったり、特殊な環境によってはそもそもキーを押すタイミングすら存在しなかったりして。

結構面倒くさいんで、僕はWindows側で「次回起動時にセーフモードで立ち上がる設定」をしてから再起動してます。

その方法をまとめましたよ。

msconfigを使用する

Windows7側からセーフモード起動を設定するには「システム構成ウィンドウ」から設定します。

まずはスタートメニューを開いて、「プログラムとファイルの検索」の入力バーの部分に下記の通り入力してENTERしましょう。

msconfig

2015-0810-112705

すると、「システム構成ウィンドウ」が表示されるはず。

次に「ブート」タブへ移動して、「ブートオプション」→「セーフブート」のチェックを入れます。
2015-0810-111056

設定はこれだけでOK。 色々と細かいボタンがあるけれど、通常は「最少」のまま「OK」でウィンドウを閉じます。

再起動

msconfigウィンドウを閉じると、こんな感じのウィンドウが開かれます。
2015-0810-111114

設定を反映させるには再起動が必要です…という旨のメッセージで、ここで再起動を選ぶか、もしくは自分で好きなタイミングで再起動をしてあげましょう。

問題なければ、再起動後にセーフモードで立ち上がるはず。

元に戻す

元に戻すのもほぼ同じ方法でOK。

セーフモードのWindowsから、msconfigを起動して「セーフブート」のチェックを外して、再起動です。
2015-0810-111737

チェックを外せば、通常通りにWindowsが起動してくるはず。

関連記事


起動しなくなったWindowsからデータを復元したいときに行うべき4つの方法 | Tipstour


WindowsのプロダクトキーをPCから取り出すフリーツール「ProduKey」 | Tipstour


Windowsが起動しなくなったらまず確認するべき8つの項目 | Tipstour


Windows7で突然ブルースクリーン→強制電源OFFの現象が出たので、原因を探ってみた | Tipstour

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。

果てはスマホやLINEの操作方法まで…。

色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか?

パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい!

そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。

  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート

 

上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)