アナリティクスで年齢と性別データを計測する方法がわかりません!

他の記事を読んだんですが、うまくデータが取れません!

…という方のために、2020年最新版の設定方法をまとめました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

Googleアナリティクス(Analytics)を使って、利用者の年齢層や性別などのデータを収集することは、アクセス解析するにあたってとても重要なことです。

しかし、正しい設定を行わないと、このように「ユーザ属性」の年齢・性別の項目欄が、「このレポートのデータはありません。」と表示されません。

 

この記事では、このデータを取得・収集して、Googleアナリティクスで計測できるようにする設定方法をまとめました。

早速見ていきましょう!

 

  Googleアナリティクスはすぐ画面レイアウトが変わるため、今回の記事で紹介しているスクリーンショットの画面は、今後変更になる場合があります。

ただし、この機能を有効にするための設定項目・オプション名は変わらないと思われるため、この記事に掲載している設定項目をオンにすれば、基本的に年齢・性別のデータが取得できる! と考えてOKです。

【結論】必要な設定項目はこの2つ

さて、これらデータを取得するために必要な設定項目は、以下の2つです。

  • 管理
  • プロパティ設定
  • 広告向け機能
  • 「ユーザー属性レポートとインタレストカテゴリレポートの有効化」をオンにする
  • 管理
  • プロパティ設定
  • トラッキング情報
  • データ収集
  • 「広告レポート機能」をオンにする

 

この2つの設定項目をオン(有効)の状態にするだけで、年齢・性別のデータが収集できるようになりますよ。

【手順①】「プロパティ」の設定方法

実際の操作画面を順々に見ていきましょう。

まずはGoogleアナリティクスの左側メニューから「管理」をクリックします。

 

設定項目がザーッと出てきますが、ここでは真ん中の「プロパティ」→「プロパティ設定」へ進みましょう。

 

次の画面に「ユーザー属性レポートとインタレストカテゴリレポートの有効化」という項目があります。

ここをクリックして「オン」(青色)の状態に変更します。

オンの状態になったことが確認できたら、設定を保存しましょう。

【手順②】「トラッキング情報」の設定方法

もう1つ、有効化しないといけない項目があります。

同じく「管理」→「プロパティ」から「トラッキング情報」→「データ収集」の順にクリックします。

 

ごちゃごちゃと長い文面が表示されました。

ここでは「広告レポート機能」という設定項目をクリックして「オン」(青色)の状態にしてください。

同じくオンの状態になったことが確認できたら、設定を保存します。

 

これで設定変更は完了です!

数時間経つと、このように年齢や性別のデータがGoogleアナリティクスで取得され、このようにデータが表示されているはずです。

 

以上、ご参考までに!

それでは!