新規記事を自動Tweetしてくれるプラグイン『WordTwit』


2013-0113-110121

FC2 blogの際も使っていた、記事の投稿時に、
自動的にTwitterアカウントに通知をしてくれるWordpressのプラグイン
『WordTwit』を入れてみました。

スポンサードリンク

 

インストール

インストール方法の確認ですが、Wordpressのダッシュボードから
標準的な方法でインストールが可能です。

プラグイン→新規追加
『WordTwit』で検索→インストール

2013-0113-104251

インストールが開始したら、プラグイン一覧にWordTwitが追加されます。
ここの「設定」から、Twitterアカウントなどの設定がです。
2013-0113-104300

設定画面:URL短縮

URL Shorteningという項目です。
ここから、URL短縮サービスが選択出来ます。
2013-0113-104532

選択できるのは、
・Tinyurl
・Bit.ly
・Is.gd
・Ow.ly

上記の四つと、通常通り省略せずにURLの投稿、という選択も可能みたいです。

設定画面:Twitterアカウント

Account Login / Tweet Messageから、Twitterアカウントの設定が出来ます。
2013-0113-104540

Sign in Using Twitterを選択すると、Twitter側のログオン/認証画面へ飛ぶので、
そこからアカウントへログオンすれば設定完了です。
2013-0113-104549

Messageでは、Twitterに通知する文字列が編集出来ます。
[title]で記事のタイトル名が、
[link]で記事のURLが代入される仕組みですね。

設定画面:その他のオプション

Advanced Optionではいわゆる高度な設定が出来ますが、
内容的にはあまり必要なければ実行をしなくてもいいのではないかなと思います。
2013-0113-104618

ただ、Wordpressの記事の投稿の方式次第では、
『Allow Tweeting of Old Posts』(投稿済みの記事のTweetを許可する)
をチェックしてあげないとTweetされないかもしれません。
現に、自分の環境ではここのチェックを入れないと自動投稿が上手くいかなかったみたいです。
2013-0113-110121

設定完了

設定が完了したら、「Update Options」を選択すれば設定が反映されます。
2013-0113-105512

説明としてはこんなところですね。
この辺のプラグインは、なんとなく原理もよくわかるので説明しやすいですね、
phpの構文は、まだまだ手探り状態が続きそうです…

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly