WordPressの読み込み高速化系プラグインでどれだけ速度変わるのか試してみた結果


2013-0622-093339

先日、Google Adsenseのダッシュボードでスコアカードなるものが表示されるようになっていて、
その中でGoogle先生から「ページ読み込みのパフォーマンスを上げた方がいいよ!」
という有難い忠告を頂いてしまったので、サイトのページの表示速度について調べてみました。

その中で、ページ読み込み高速化系のプラグインを入れて
導入前と導入後でどれぐらい変わるのかトライしてみました。

その結果、簡単な導入で思ったよりも結構な効果が…!

スポンサードリンク

 

GT Metrix

先ずは読み込み速度の計測ですが、下記サイトが使いやすい感じでした。

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

使い方もシンプルで、「Analyze Performance of:」にURLを入力して
「Go!」をクリックするだけ。
2013-0622-090110

後は自動的に解析してくれて、
現在のページの読み込み速度をサマリー表示してくれます。

Tipstourの初期状態はこんな感じでした。
2013-0622-090429

ページスピードがCランク
YSlowとはこういった読み込み速度の計測ツールを使った計測結果のようですが、
それが今回はDランクという評価に。

2013-0622-090149

ページロード時間は4.1秒、ページサイズは1.38MBということで
これを削減出来ればページ読み込み速度が向上してランクも上がるという
認識でよさそうですね。

W3 Total Cache

ということで、Wordpressのキャッシュ・高速化プラグインとして名高い
『W3 Total Cache』というプラグインを導入してみました。

WordPress › W3 Total Cache WordPress Plugins

このプラグインをインストールしてある程度オプションを有効にするだけで
もうある程度の高速化が実現出来るという話みたいです。 本当だろうか!?

 

先ずは、インストールしてPage Cacheを有効にしてみました。

Page Cache

先ずはPage Cacheを有効にします。

設定項目は、
Performance→General Settings→Page Cache
にあります。

Enableにチェックをいれて、Save all settingsをクリック。
2013-0622-091016

この状態で、早速GTMerixで速度がどうなってるかどうかチェックしてみます。

結果…
いきなりページスピードがBランクに!
2013-0622-090530

Page Speed Grade: C(73%) -> B(80%)
YSlow Grade: D(65%) -> C (71%)

おお…これだけでも結構効果があるものですね、
ページのロード時間も4.1秒から3.7秒に軽減されてました。

 

よし、他のもキャッシュ化しようぞ!!
ということで次はBrowser Cacheを変えてみます。

Browser Cache

こちらの項目ですがデフォルトで有効でした。
そのため、オプションをいくつか追加してみます。

設定項目は、
Performance→Browser Cache→Page Cache
から。

下記のオプションにチェックを入れてみました。
・Set expires header
・Set cache control header
・Enable HTTP (gzip) compression
・Prevent caching of objects after settings change

2013-0622-092732

その後、もう一度GTMetrixで速度を確認してみる。

…結果。
おおお!
ランクは変わっていないけど更に向上している!!
2013-0622-092942

Page Speed Grade: B(81%) -> B(89%)
YSlow Grade: C(71%) -> C (71%)

サマリーで見てみると、「プラグイン導入→オプション追加」
だけで結構向上するもんなんですねー、とりあえずでやってみて正解でした。

2013-0622-104517

総括

まだサマリーを見た感じだとYSlowがCランクのままなので
まだまだ改善の余地がありそうなところですが、
プラグインの導入だけでこれだけ改善されるのであれば
入れておかない手はないかな! と感じました。

勿論本格的にやろうとするとCCSやPHPの記述の話にまで発展してくるんでしょうね、
そこまでの知識はまだちょっとおぼつかない感じなので
少しずつこの辺もトライアンドエラーで試せたらいいなと思ってはいます。

ところで、W3 Total Cacheですが、
色々と調べてみるとサーバのスペックによってはオプションを有効にしすぎると
逆効果となって余計に読込が遅くなってしまったりすることもあるようで、
その辺の注意喚起が色んなサイトでなされていました。
対案として『Quick Cache』というプラグインも良いぞ、ということで紹介されていました。 
その辺も、今後ちょっと試してみようかな。

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly