WordPressのDBや画像・プラグイン・テーマ諸々をEvernoteに自動バックアップする


evernote03

Evernoteのプレミアムだと、月間1GB使えるのですが、
なんだかんだで殆ど使い切らないまま毎月が経過しているので
何かいい方法は無いかなーということで考えてたら思いついたのが
ファイルのバックアップ先としてのEvernoteの利用です。

というのも、1か月の使用容量が許す限りですが、無限に保存していけるし、
自動的に世代分けして保存されるというところもあるので
ちょっとEvernoteに自動的にバックアップをトライしてみようと思いました。

ということで、Wordpressのバックアップしたファイルを、
自動的にEvernoteにつっこんでいく方法について紹介します。

スポンサードリンク

 

概要

さて、方法としてはEvernoteのメール機能とバックアッププラグインを併用します。

Evernoteの機能としてメールアドレスがあり、
このメールアドレス宛てに送付した文書とファイルは
自動的にEvernoteに保存される機能です。

WordPress側では自動的にバックアップを取得して、
メールで送付してくれるプラグインがあるので
それを使ってEvernoteのメールアドレス宛てにバックアップファイルを送付して
保存していくのを目論んでます。

使うプラグイン

プラグインは「WordPress Database Backup」
「WordPress Backup (by BTE)」を使います。

このプラグイン、以前別の記事で一度紹介しましたが
前者は、データベースファイルをバックアップするプラグイン、
後者は画像ファイルやテーマ・プラグインのソースファイルを
バックアップするプラグインです。

WordPress Database Backup
WordPress Backup (by BTE)

バックアップの自動化

先ずはEvernoteのメールアドレスの確認方法から。

WebからEvernoteにサインインします。
2013-0510-203055

画面右上のメニューから「設定」を選択。
2013-0510-203144

2013-0510-203338

ここで「ノートをメールで送信」に表示されているのが
自分のアカウント用のEvernote保存用メールアドレスです。
2013-0510-203237

ここ宛に送ったメールは、そのままEvernoteのInboxに保存されるようになってます。

 

次にプラグイン側の設定を。

「WordPress Database Backup」は、
ツール→バックアップ から設定できます。

定期バックアップの項目に、「バックアップをメールで送信」という項目があるので、
ここに先ほどのEvernote用メールアドレスを入力します。
2013-0510-212353

バックアップ送付の頻度も選択できますが、
1時間に1回だと頻度が高すぎてすぐ容量がパンクしてしまいそうなので
1日2回か、1日1回ぐらいがちょうどよいかと思いますよ。

 

次に「WordPress Backup (by BTE)」です。

こちらは 設定→Wordpress Backup から設定。

これもほぼ同様ですが、
Email addressの項目にEvernoteのアドレスを入れてあげるだけです。
こちらも同様にバックアップ送付の頻度も選択出来ます。
2013-0510-212314

 

実際にEvernoteに保存してみたところ、
こんな感じでバックアップが自動的に取られるようになります。
2013-0510-213437

総括

前述の通り、容量が続く限りバックアップが自動的・半永久的に取れること、
そして自動的に世代管理出来ることを考えるとEvernoteに保存していくのは
結構便利なんじゃないかなー、と思ってます。

が、Wordpress側の容量が肥大するに伴って
Evernoteでの保存も限界が出てくる可能性はあります。
その際は、別の方法も検討してみたほうがいいかもしれないですねw

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly