【Windows10】プレビュー版を最新版にアップデートしてみた (Build 10240)


2015-0823-153611

さて、Windows10系の記事を書く上でのプレビュー版としてBuild 10162を使ってました。

2015年7月15日には最新版となるBuild 10240がリリースされていたので、ちょっと遅いけど最新版にプレビュー版をアップデートしましたよ。 その際の様子について。

スポンサードリンク

関連記事

Build 10240からはWindows Updateからのみアップデート可能になる

さて、ひとつアナウンスされているのが、Build 10240からアップデート方式が変更になり、Windows Updateのみで更新可能になるとのこと。


Windows 10のプレビューアップデート「Build 10240」リリース – ITmedia ニュース

また、今回のビルドからISOでの提供はなくなるとのことです。 今後定期的にビルドが更新された場合も、基本はWindows Updateからの更新のみになりそうですね。

アップデートしてみる

さ、アップデートしてみよう。 Windows Updateを開きます。 場所は設定の「更新とセキュリティ」から。
2015-0823-142402

僕のプレビュー版だと、こんな感じでアップデートエラーのメッセージが表示されてました。 これまでアップデートを試した経緯はないので、たぶん自動アップデートしようとして失敗したってことかな。
2015-0823-142424

とりあえずそのまま「再施行」してみると、更新プログラム確認からのダウンロード、更新の反映がスタートしました。
2015-0823-142438

2015-0823-143045

インストールが完了すると、再起動のスケジューリングの画面に。 夜中などに実施したい場合はスケジュールを設定してみよう。
2015-0823-151443

今回はそのまま「今すぐ再起動する」で。

更新の適用

再起動後に、Windows10の更新がはじまります。 とりあえず待ち。
2015-0823-151542

ここでも待ち。
2015-0823-153611

更新適用が完了すると、一旦ログオン画面に戻ります。

ログオンすると、このような初期セットアップ画面に。 Microsoftアカウントの選択画面ですね。 ここで正式なMicrosoftアカウントがないと、インストールが完了しないものと思われ。
2015-0823-165313

利用規約に同意。
2015-0823-165339

設定カスタマイズ画面。 とりあえず「簡単設定を使う」でよろしいかと。
2015-0823-165357

しばらくお待ちください。 これが完了すると、ようやくデスクトップが表示されます。
2015-0823-165539

ビルド番号が消えた

起動後に真っ先に気付いたのは、デスクトップ右下に表示されていたビルド番号が表示されなくなっていること。
2015-0823-171320

こちらがBuild 10162時点です。
2015-0823-142205

ビルド番号を確認する方法

これだと逆にちゃんと更新されたのか不安になっちゃうので、ビルド番号をしっかり確認しておきましょう。

ファイル名を指定して実行から「winver」を実行。 このコマンドはWindows10でも健在でした。
2015-0823-171521


Windowsのバージョンを確認するコマンド | Tipstour

すると、しっかり(ビルド 10240)と記載されていることが確認できました。 よかったよかった。
2015-0823-171451

スポンサードリンク

 

一応、この10240が最終製品版と同等のものになる(RTM版)とのこと。

ただし、まだプレビュー版はアップデートされる予定もあるようです。 Windows10自体もアップデートによる最新化を進めていくということなので、どこかのバージョンが最終製品版で固定される、ということはなくなっていくのかな。

 

とりあえずTipstourでは、プレビュー版の最新版に常に更新してその画面でTips等掲載していく予定です。 これからもどうぞよろしく。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly