【Windows10】Internet ExplorerをWin10でも使う方法

Windows10では、標準ブラウザとしてMicrosoft Edgeが使われています。

しかしながら、未だにInternet Explorerを使う機会が、ごくまれにWindows10でも残っています。

 

そうした際にIEを使うにはどうしたらいいんでしょう?

その方法を、簡単にまとめました。

ご参考までにどうぞ!

 

下記トラブル対応などで、IEが必要になる時があるようです…。

【Windows10】Updateで「更新プログラムをダウンロードしています」から進まなくなるエラーの対応方法 | Tipstour

スポンサードリンク

関連記事

IEはスタートメニューから起動可能!

ということで、Windows10でのIEの起動方法について。

特別難しいことをする必要もなく、実はスタートメニューから普通に起動できちゃいます。

 

まずはスタートメニューを開いて、アプリケーションの一覧を下にスクロールしていきましょう。

「W」行の「Windowsアクセサリ」を開くと、このフォルダの中に「Internet Explorer」というアプリがあるのがすぐわかります。

これをクリックして起動! それだけです。

 

これで、元祖IEが起動されます。

一応、デフォルトのトップページ上でもEdgeへの移行について促してありますね…。

でも、必要に応じてIEを使う機会、これからもごくたまにありそうです。

使えるバージョンはこちら

デフォルトでインストールされていたIEのバージョンは以下の通りでした。

バージョン: 11.608.15063.0

スポンサードリンク

 

まとめ

  • スタートメニュー→「Windowsアクセサリ」→「Internet Explorer」
  • 使えるバージョンはIE11

 

以上、Windows10でInternet Explorerを使う方法、でした。

ちなみに、2017年時点でも、IE11はブラウザシェアの世界ランキングでも3位(シェア率7%)と、まだまだそれなりの地位をしめているようです。

対する標準ブラウザ、Microsoft Edgeは8位(シェア率2.2%)とのこと。

まだまだ、IEを使いたい、使わざるを得ない、というニーズは多そうですね…。

WebブラウザシェアランキングTOP10(日本国内・世界) | ソフトウェアテスト・第三者検証ならウェブレッジ

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

関連記事:Edgeの検索エンジンを、Bingから別のものに変更する方法です。

【Windows10】Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する方法 | Tipstour