MacBookのWiFiへの接続が不安定なのはBluetoothのせいかもしれない 「切」にしたら繋がるようになった件!


Cap 2015-11-05 13.24.29

最近自宅のWiFi環境が繋がりづらくなったりしていて困ります。

速度が遅いというわけではないのだけど、安定しないのです。 接続しているのにしょっちゅう応答なしになり、Dropboxの動機も一時停止したりページが表示できなくなったりするのです。

WiFiに再接続するとわりかしすぐ直るのだけど、そんな毎度毎度手動で再接続なんてしてられませんよね。

なんとかならないかなあと色々と試してみたら、実は悪さをしていたのはBluetoothだったようです。 同じような現象に悩まされてる方は参照くだされ。

スポンサードリンク

関連記事

WiFiとBluetoothが干渉しているのかもしれない

今回の僕の環境でWiFiが不安定になる原因ですが、どうやらBluetoothとの干渉によるもののようでした。

一般的なWiFiとBluetoothの電波は、同じ2.4GHz帯を使っているために、こうした干渉による通信の不安定化が起きやすいという問題が、実際に存在するようです。

場合によってはWiFiルータ側に干渉しないような設定オプションを有効化させることができるものもあるようなのだけど、同じ帯域を使っている以上はなんらかの原因でつながらなくなる…ということはどうしても発生してしまうようですね。

Appleの見解

Appleのサポートページでも、WiFiとBluetooth感の干渉によって通信の妨げになる可能性について記載してあります。


Wi-Fi および Bluetooth:ワイヤレス通信を妨げる要因について – Apple サポート

Bluetoothを「切」にしてみる

MacBookにはBluetooth機器を接続していなくてもBluetoothの機能を有効化する設定が可能になっていて、Bluetoothの電波を飛ばそうとしている場合があることに注意が必要です。

こうした場合、WiFiと干渉して通信が不安定になることがあるようです。 なので、Bluetooth機器を利用していないのであれば、Bluetooth機能は切にしておくのがベストですね。

というわけで、その方法についてですが、「システム環境設定」「Bluetooth」から設定変更できます。
Cap_2015-11-05_13_21_20

この設置画面には接続されているBluetoothデバイスと、設定の入/切が表示されるので、ここで設定を「切」に変更してやりましょう。
Cap_2015-11-05_13_05_53

僕のMBPの場合、この設定変更だけで思った以上にWiFi回線への接続が安定しました。

環境によってはこの干渉が原因ではない可能性もありますが、とりあえず原因の切り分けとして試しにやってみることをオススメしておきます。

 

そうそう、今回はMacBookでのお話ですが、おそらくWindowsPCなどでも同様の干渉は起こりえる可能性は多分にあります。 設定方法は当然異なりますが、Bluetoothの無効化を試すことは同様に有効だと思いますので、ぜひどうぞ。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly