アップロードせずに、Instagramのエフェクトをかけて画像を保存出来る方法があったよ


IMG_4802

Instagramのエフェクトに惚れ込んで、
同様のエフェクトをかけられるサービスやソフトがないかなーと思って探してはみたものの、
結局Instagramのエフェクトが一番綺麗で簡単にかけられるので
「画像をアップロードせずにエフェクトだけかけられないかな」
と色々試してたらありました、アップロードせずにエフェクトをかけた画像を保存する方法が。

スポンサードリンク

 

手順

先にお断りしておくとぼくはiPhoneしか使ったことがないので
Android版のInstagramでも同じ方法が使えるかどうかは未確認です、
でもたぶん出来そうです。 誰かトライしてみてもらえると有難いです。

 

さて、手順ですが、『機内モード』を使います。
機内モードはすべての通信を無効にして、
飛行機などの精密機器に影響を与えないために使うモードですが
通信を必要としない状況でこの機内モードをONして節電することも出来ます。

で、その機内モードをONにしている間は通信が出来ないために
Instagramで画像を投稿しようとしても通信エラーで失敗しますが、
カメラロールの中にはエフェクトをかけた画像が保存される、という算段です。

実際にやってみるとこんな感じ

一応機内モードのやり方を。

設定→「機内モード」をオンに設定

方法としてはこれだけで、そのまま機内モードに変更されます。
この時点で通信不可な状態に。
IMG_4799

 

機内モードにしたら、Instagramで画像にエフェクトをかけて、
通常通りアップロードの部分までいきます。
IMG_4800

IMG_4801

実際にアップロードすると、こんな感じで「失敗」になります。
IMG_4803

そしてこの状態でカメラロールを見ると、
アップロードした画像が保存されてるはずです。

後は、×ボタンを押してアップロードを中止すれば、
画像をアップロードせずにInstagramエフェクトをかけた画像が作成完了です。

総括

なんとなく、思いつけばこうした方法で保存できそうだなというのが想像出来ますが
思いつかなければ意外と盲点な方法な気が、ちょっとしますね。

ただ、この機能、今回はInstagram バージョン3.5で試してますが
今後の仕様変更でこれが不可になる可能性もあるので
そこはご了承くださいませ。

修正されないのが一番いいんですけどねー。

Instagram関連記事

Tipstourではその他にもInstagramの記事を多数掲載しています。 こちらもぜひどうぞ。


覚えておくと後からじわじわくる便利なInstagram 10の小ネタ | Tipstour


Instagramをさらに面白くする10つのIFTTT連携レシピ | Tipstour


Instagramのねこ写真だけを集めまくった「Nekostagram」 | Tipstour


Sticky9(元Stickygram)がInstagramの写真をiPadカバー化するサービスを開始していた件 これすごいカッコイイ | Tipstour


Instagramの写真から缶バッヂが作れる「Cangram」がすごくいい雰囲気 | Tipstour


Instagramは積極的にタグを付けてみよう 世界中からの「いいね!」が貰えて面白いよ | Tipstour

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly