Google Map上の特定の場所に☆マークの目印を残してクラウド同期する方法


google_map_star_2014-0626-214715

Google Mapはもはや生活の中で必需品と言えるぐらい使われてますが、この機能は実は意外と知られてないんじゃないかな? と思ったので、共有しておきます。

位置情報を保存して、Google Map上に目印となる☆マーク(ブックマーク)を保存する方法です。 クラウド上で同期されるので、PCからでもWebからでもスマートフォンからでも同じ目印を確認出来てすごく便利ですよ。

スポンサードリンク

 

Google Mapに☆マークを残す

まずは、マークをつけたい場所をクリックします。 最新のGoogle Mapだとこのような画面が表示されるので、この「保存」をクリックです。
2014-0626-094910

保存済みになったらOK。 それだけです。
2014-0626-094920

地図上に、☆マークが保存されるようになります。
2014-0626-094929

以前からこういう☆マークを付ける機能はあったんですが、何故だか時間が経つと消えてしまうのであまり利用してなかったんだけど、いつの時期からかちゃんとGoogleアカウントとリンクしてマークが保存されるようになっていたみたいです。

スマートフォンアプリからでも☆マークがチェック出来る

この☆マーク、クラウド経由でGoogleのアカウントとリンクして保存されるので、別のデバイスで位置情報をチェックすることも出来ます。

例えばスマートフォン、iPhoneのGoogle MapアプリでGoogleアカウントにログインしていると、それだけで自動的に同期して☆マークが地図上に表示されるようになっています。

以前、免許の住所変更で訪れた江東区の免許センター。 Web上で場所を保存しました。
2014-0626-080039

iPhone版のGoogle Map画面がこちら。 同じ場所に、☆マークが保存されてるのがわかります。
2014-06-26 08.01.14_s

当然ながらWeb版もアプリ版も、Googleアカウントでログインをしている必要があります。

便利な使い方

例えば一度行ったことのある場所に☆マークを付けておいて、あとから確認してみることもできますね。 ライフログの一環に使えそうです。

その他にも外出先に事前に☆マークを付けておいて、スマートフォン側のアプリで場所を確認しながら移動、てのにも役立ちそうです。 わざわざ地図を印刷しなくても、PCでチェックしてマークをつけておけばスマホから確認出来るようになるので、便利。

しかしやっぱり、普段使うGoogleアカウントだけで利用可能な機能というのがいいですね。 当然世界規模のサービスなので、世界中どこでも使えるというのはかなりありがたいです。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly