自分の検索履歴に依存しない、一般的なGoogle検索結果をサクッと確認する方法


google search001

ブログを運営している上でよくあるあるなのが、特定のキーワードで検索したときに自分のブログの記事がどれぐらいの位置に表示されるのかを調べること。

実際、検索からのアクセス流入はGoogle検索の上部1ページに表示されている記事がほとんどで、2ページ目、3ページ目までいくとだいぶ検索からのアクセス数は落ちていくことになります。 なので、みんなページ上位に表示されたいと必死に記事の魅力を高めたり、SEOなどの活動をするものなんですね。

さて、そうしたいわゆるエゴサーチと呼ばれるキーワード検索を自分のブラウザで単純に行おうとした場合、実はGoogle検索では過去の検索履歴やアクセス履歴から検索結果が変動してしまうため、実際に一般ユーザに検索されている順位と違う順位が表示されるようになっています。

そうした検索履歴からの順位反映を避けて、サクッとエゴサーチする方法についてご紹介です。

スポンサードリンク

 

Chromeのシークレットモードを使う

サクッとエゴサーチの方法ですが、Google Chromeのシークレットモードを使います。

シークレットモードというのは、開いたページの情報をブラウザの履歴に残さない設定で、いわゆるアレなページを見るときなどに使う機能です。

実はこの機能で検索をかけると、過去の検索履歴などを無視して検索順位を表示されるようになってます。 要するにブラウザをインストールしたての、何も履歴に残ってない状態で検索をするのと同じ状態です。 エゴサーチ的に、この機能を活用します。

シークレットモードの利用方法

過去にシークレットモードの利用方法はTipstourでも紹介していたのですが、簡単なのでもう一度ご紹介しておきます。

Google Chromeを開いた状態で、下記のショートカットキーを入力します。
Ctrl + Shift + Nキー

すると、タブバーの左側にスパイっぽいマークが表示されます。 これが表示されている状態が、シークレットモード状態になるわけです。
2014-0109-110603

シークレット モードを使用中です。このウィンドウで開いたページはブラウザの履歴や検索履歴に記録されません。シークレット モードで開いたウィンドウをすべて閉じると、Cookie などの記録もパソコンから消去されます。ただし、ダウンロードしたファイルやブックマークしたページは保存されます。

2014-0109-110608

ここでGoogle検索をかけることで、自分の検索履歴を反映しない、一般的な検索結果を確認することが出来るようになります。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly