Google Readerのフィードのデータの取り出し、まだ間に合うみたいですぞ!(7/16まで)


google-reader-logo_end

2013年7月1日を持って終了したGoogle Readerサービスですが、
そこに保存されていたフィードのデータについてはまだ取出しが可能とのことです。

スポンサードリンク

 

取り出し期間

フィードデータは太平洋時間の2013年7月15日の正午12時まで、
日本時間だと2013年7月16日の16時までは取り出し可能な状態にあるとのこと。

ただし、それ以降は本当にデータの取出しが出来なくなるらしいので
うっかりインポートし忘れてた人は急ぎましょう、まだ間に合いますぞ。

取り出し方

フィードデータの取り出し方です。

先ずは今までアクセスしていたGoogle Readerにアクセスすると、
こんな感じで終了したことをお知らせするメッセージが表示されます。
2013-0704-070918

ここの中のリンクで、『Google Takeout』へのリンクがあるので
そちらへ移動しましょう。
URLとしては下記のものになります。

Google データエクスポート

 

リンク先へ移動すると、フィードデータの情報が表示されるので
『アーカイブを作成』を選択。
2013-0704-070940

OPML形式の情報が入ったzipファイルが作成されるので、
ここで『ダウンロード』でzipファイルを任意のフォルダに保存します。
2013-0704-071248

これでひとまずはインポート可能です。
ここまでくれば、とりあえずはデータの消失は免れるというところですね。

一応、Feedlyへのインポート方法

Feedlyへのインポートですが、
7/2時点までのようにワンクリックでのインポートは出来なくなってしまっているので、
手動でOPMLファイルをインポートしてあげる必要があります。

といっても大して難しくないのでご紹介を。

Feedlyへログインします。
今までFeedlyを使ったことがなくても、Googleアカウント連携で
自動的にアカウントが作成されるので大丈夫です。
トップページの『Login』を選択。
2013-0704-071305

画面左部のメニュー部分の『Import OPML』を選択。
2013-0704-071321

ファイルの選択画面が表示されるので、先ほどダウンロードしたzipファイルの中身の
『subscriptions.xml』を指定してあげればインポート完了です。
2013-0704-071347

2013-0704-071329

おつかれさまでした。
これでまたRSSのチェックが続けられますよ。

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly