街から街へ 行き先を指定すると空路・陸路・海路などを一括検索してくれる「Rome2Rio」


rome2rio_2014-1118-130928_s

10月のオーストラリア旅行では、バックパッキングしようと思って、自分でルートや宿の確保を行ってました。 で、その際に結構役に立ったこのサイト「Rome2Rio」を紹介しておきます。

ある国や都市名、町の名前や観光名所などの名前で出発点と行き先を入力すると、複数の経路を紹介してくれるサービスです。

スポンサードリンク

 

Rome2Trio


Rome2rio: discover how to get anywhere

使ってみた

さて、実際に使ってみましょう。 トップページのFROMに出発点を、TOに行き先を入力してSEARCHします。 とりあえず東京からスウェーデンに行ってみましょう。(僕が行きたいだけ)
2014-1118-130955_s

こんな感じで、旅のルートが複数サジェストされます。 東京駅→成田→ストックホルムへのルートや、その他の都市を経由したルートなど、複数の候補が表示されます。
2014-1118-131013_s

国から国よりも、都市から都市への移動ルートのほうがこのサービスは真価を発揮します。 ローカルの鉄道やバスまで結構詳しく検索できるので、だいたいのルートを想定するのには便利です。
2014-1118-131041_s

経路の中のそれぞれの路線も、価格帯やだいたいの時間(1日に何本運行しているか)なども表示されるので、計画を立てるのに役立ちますね。
2014-1118-141303_s

100%正確なルートではないことに注意

とまあ、こんな感じで複数のルートを提案してくれますが、データについては必ずしも最新ではないようです。
2014-1118-131103_s

バスの路線なんかはタイムテーブルが変わっていたり、路線ルートが変更となっていたり、ついでにルートごとなくなってたりする場合も、たまにあるみたいですね。

とはいえ、知らない国の移動経路の情報をこうして複数、サクッと表示してくれるのは便利です。 このサービスでだいたいのルートを調べて、詳細は個別にインターネットで調べていくのがよさそうです。
2014-1118-131151_s
 

あ、ちなみに日本国内でも使えます。
2014-1118-140745_s

iPhoneアプリ版もあった

ちなみに、iPhone版もありました。 無料で、結構使い勝手がいいので移動中の確認にはこれ使えますね。


iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Rome2rio: rail, air, road and sea search

まとめ

  • 出発点と行き先を入力すると複数の移動ルートを提案してくれる
  • それぞれの細かい時間帯や本数なども確認可能
  • 100%最新のデータではないので、個別に確認は必要
  • 日本国内でも役立つ!

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly