画像内のフォントが何なのかを検索してくれる役立つサービス『What the Font』


2013-1022-150621

最近忙しすぎて更新がままならない状態に間違いなく陥っています。 更新にかける情熱も、若干下がり気味…ではありますが、まあぼちぼちやっていくしかないですね。

さて、忙しくて最近はフライヤーのデザインにチャレンジするようなこともめっきりなくなってしまった昨今ですが、つい先日、Lanternのフライヤーで使っていたフォントがなんというモノなのか、調べる機会がありました。

そこで、画像を指定すると、その画像内のフォントを認識して、なんという名前のフォントか、を探してくれるというなかなかイカしたサービスを見つけました。 『What the Font』です。

スポンサードリンク

 

What the Font

WhatTheFont! « MyFonts

早速使ってみる

さて、サイトはこのような感じ。
2013-1022-142834

フォントを検索したい画像をPCからアップロードする場合はUpload an image fileでファイルを選択するか、
ネット上に上がっている画像であればOr specify a image URLに画像のURLを貼り付けてContinueします。
2013-1022-142841

今回アップロードしてみたのは、街中でもよく見かける機会のある、Copperplate Gothicというフォントです。
CopperplateGothicBold

画像から、フォントを認識してくれます。
画面内にフォントが複数ある場合は、どのフォントを検索するのか? というのが表示されますが、そのまま一番下へ行って再びContinueをクリックします。

検索結果。

さて、認識したフォントから結果を表示してくれます。 検索結果がこちら。
2013-1022-145118

ちゃんと、Copperplate Gothicを検索結果として表示してくれました。

その他のフォントはどうだろう?

その他のフォントもちゃんと認識するのか、試してみました。 過去に紹介した、フリーフォントのまとめから、Whipsmartというフォントで試してみました。

結果…

2013-1022-144459

あらら。 似ているとはいえ違うフォントが表示されてました。 メジャーなフォントだと恐らく正しく認識してくれるのだと思いますが、形が近くてマイナーなフォントについては、難しいのかもしれないですね。

フォントの関連記事


各国の見出しデザイン100個以上を集めた「Typography for Headline」がいい感じにアイデアの宝庫  | Tipstour


『Nexus Font』が増えすぎたフリーフォントの整理に役立ちすぎな件 | Tipstour


URLを入力するとフォントを置き換えてどんな風に見えるかプレビューしてくれるサイト『TypeWonder』 | Tipstour


印象に残る、幽玄的ユニークなフォントを配布している『Fonts of Chaos』 | Tipstour


ドドドドド…やゴゴゴゴゴ…したいときに捗る『ジョジョの奇妙なフォント』 | Tipstour

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly