これは使える(確信) フォルダに置いたファイルに自動的に特定処理をしてくれる『Dropbox Automator』


2013-0826-111217

最近、Tipstourの記事を書く上でDropboxを結構有効活用しているのですが、そのDropboxの外部サービスとして、なかなか面白いものを見つけましたよ。

特定のフォルダにファイルを置くと自動的に、『画像の縮小化等の一括編集』『SNSや外部サービスへのアップロード』『音声ファイルの変換』などの処理を行ってくれるというライフハック!な感じのWebサービス『Dropbox Automator』です。

ちょっと試してみたけど、結構面白い! 色々と可能性を感じるサービスですね。

スポンサードリンク

 

Dropbox Automator

Automate your Dropbox

2013-0826-090703

WappWolfという企業のWebサービスが『Dropbox Automator』になるようです。

試してみた

さて、早速試してみましょう。
Try now!』をクリック。

「Loginto your Dropbox」のメニューが表示されるので、『Connect Dropbox』を選択。
2013-0826-090749

Dropboxのサイトに移るので、ここで連携の許可を設定。
2013-0826-090827

すると、フォルダ一覧が表示されるようになります。 ここで自動処理を行いたいフォルダを選択して、『Next』へ。 ここから、処理内容の選択画面へ移りますよ。
2013-0826-090846

2013-0826-090959

試せる自動化項目

自動処理ですが、想像以上にいっぱいありました。

ドキュメント系処理
Convert it to PDF
PDF to TXT
Upload it to Google Drive
Print via Google Cloud Print
Send it to your kindle
Upload it to Slideshare
Sign PDF (electronic signature)
Convert eBook

画像系処理
Upload it to Facebook
Upload it to a Facebook page
Upload it to Flickr
Upload it to Picasa / Google +
Downscale it
Convert the image
Rotate the image
Convert to black and white
Convert to grayscale
Write text on image
Photo effect
Stamp a logo on the image
Stamp a map on the image
Stamp a “dislike” on the image
Remove EXIF infos from the image
Find a similar image via Google Imagesearch

音声ファイル系処理
Convert Audio

動画ファイル系処理
Upload Video to my Facebook Wall
Upload Video to my Facebook Page

全般的なファイル処理
e-mail it
Zip the file
Unzip or unrar it
Save it in Dropbox
Rename it
Upload it to FTP-Server
Upload it to box
Upload it to Microsoft SkyDrive
Upload it to Sugarsync
Upload it to Evernote
pload it to a Basecamp project
Encrypt it
Decrypt it

情報送信(SNS)処理
Tweet
Set Facebook status
goo.gl URL Shortener

『PDFをテキスト化』を試してみた

色々ありすぎて目移りしますが、とりあえずPDFをテキスト化の処理を試してみました。

『PDF to TXT』を選択。
選択すると『Add Action』が表示されるので、ここを選択すると画面上部に現在設定している処理が表示されます。
同時に複数処理を行うことも出来るみたいですよ。
2013-0826-091355

完了したら『finished?』を選択。 ちょっとわかりづらいですが、これで、フォルダにPDFファイルを入れると、自動的にテキスト化してくれる状態になっているようです。
2013-0826-091406

試しに、iPhoneのUser Guideをテキスト化してみましょう。
manuals.info.apple.com/en/iphone_user_guide.pdf

フォルダにPDFファイルを置いてみたところ。
テキスト化には、ちょっと時間がかかると思われるのでちょっとまってみます。
2013-0826-091630

5分ぐらいで、PDFがテキスト化されました。
変換されたファイルは、同フォルダ内に自動的に『processed』というフォルダが作られて、そこにファイルが移動されるようになるみたいです。
2013-0826-092127

テキストの中身を一部抜粋。 結構ちゃんとテキスト化されているご様子。
2013-0826-092313

『画像の縮小化』を試してみる

続いて、画像の縮小化を試してみました。

『Downscale it』を選択すると、サイズの選択肢が表示されるのでここでお好みの画像サイズを選択します。 Customも設定出来るので、好みのサイズがなければここから指定しましょう。
2013-0826-092423

設定を完了して、画像をフォルダにつっこんでみる。 元画像のサイズは2448×2448ピクセルです。 画像ファイルの縮小は、フォルダに画像を入れたとたんに処理が開始されました。
2013-0826-092725

『result』のフォルダには、サイズが縮小された画像ファイルが格納されてました。 
うーん、これは便利だ。
2013-0826-093233

画像形式の変換のメニューも見てみました。 形式はかなり多岐に渡って変換可能みたいです。 これならJPEGやPNG等入り混じった画像の集まりを全てJPEGに変換する、という操作もフォルダにファイルを放り込むだけで実現可能そうです。
2013-0826-093420

音楽ファイルの変換も…あ、これは有料なんですね…

音楽ファイルを、指定した形式に変換する機能もあるみたいです。
が、これはPremiumプランのみの処理になるみたいです。
2013-0826-093552

Premiumプランは月5ドル、自動化処理の容量限界が増加するみたいです。
無料アカウントだと、自動化処理は10処理まで、一日の処理は100ファイル・100MBまで。 単体のファイルサイズの最大サイズは1ファイル25MBまで、とのこと。

Premiumプランだと、自動化処理は10処理まで、一日の処理は1000ファイル・1GBまで。 単体のファイルサイズの最大サイズは1ファイル25MBまでになるみたいです。

2013-0826-093807

ううん? あんまりPremiumプランでも処理出来る件数とサイズが増えるだけで、ちょっと利点が薄いような気もするんだけどなあ…。
もうちょっと、処理が無制限になって料金も据え置きぐらいになれば、ちょっと検討してみても良さそうな感じかな、というレベルでしょうか。 便利な機能ではあるものの、ちょっとプレミアム化するにはうま味が弱いというか。 ちょっとした用途ならフリーでも十分というか。

総括

フォルダに放り込むことで処理をしてくれるサービス、他にもありそうな気がしますが、こういうのをちょうど探していたところなので一旦はこのサービス、有効活用してみようと思ってます。

いくつか自動処理を組み合わせることで、かなり手作業が自動化されそうな気がします。 SNSへの自動アップロードというものも、どんなもんかちょっと試してみたいところでありますね。

ただ、ちょっとサイトのレイアウト上、どのフォルダにどの処理が設定されているのかというのがわかり辛いつくりになっているので、その辺をもうちょっと改良してもらえれば結構なサービスになるんじゃないかなーと思いました。 有料サービスも行っているのであれば、その辺しっかりしてきそうな気もしますけどね。 どうでしょう。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly