トリップアドバイザーを活用してノーコストで500マイル手に入れた話 旅好きのANAマイラーは必ずやっておくべし


TripAdvisorMile_Cap 2015-11-26 17.22.44

ブログに旅行の記事を書くよりも、リターン高いかも?

ANAマイルを集めてます。 既に25,000マイルぐらい貯まったので、来年辺り無料往復航空券を使って東南アジアに行こうと計画中です。 (フィリピンなら20000マイルで往復航空券がもらえるのだ。)

鹿児島旅行中なのに次の旅行のことを考えているんだから、贅沢な話だよね。

鹿児島関係の記事一覧 | Tipstour

まあそれは良いとして、ANAマイルを集める方法を時々紹介してます。 この方法も過去に紹介したのだけど、実は旅行とトリップアドバイザーを組み合わせると、マイルがかなり貯まるのですよ。

先月の福島旅行と、去年のオーストラリアでのバックパッキングで、500マイル以上貯まりました。

スポンサードリンク

関連記事

トリップアドバイザーにクチコミを投稿するとANAマイルがもらえる

トリップアドバイザーにはホテルや観光地、レストランに対してクチコミを投稿できます。 わかりやすく言ってしまうと、食べログの全世界・旅行版みたいなサイトですね。


トリップアドバイザー: 口コミを参考に、料金を比較して予約

そしてこのトリップアドバイザーはANAと提携をしていて、日本語でクチコミを投稿するとそれに応じたANAマイルを受け取ることができるのです。

それもたった数マイル、ちょびちょび受け取れるというようなレベルではなく、クチコミを書く対象によってはひとつのクチコミで100マイル以上貯まることもあるのですよ!

まあこの辺の詳細は、下記の記事で詳しく説明しているのでこちらをご覧ください。 同じこと書きなおしても仕方ないしね。


旅行の思い出はマイルに変えられる! トリップアドバイザーで口コミを書いてANAマイルを貯める | Tipstour

福島旅行のクチコミを書いてみた

Cap 2015-11-26 17.32.05

そういうわけで先月、とても久しぶりに家族総出で福島旅行に行った時の話。

この時は2泊3日の短い旅行だったのだけど、ホテルを転々としたり色んな博物館・観光地に行ったおかげでクチコミを書くネタには困らなかったのだ。

そうして、2泊3日の旅行で行ったホテル・観光地・レストランのクチコミを投稿して、180マイル手に入れました。 もちろんちょっとした文章は書いたけども、ノーコストです。

2014年のオーストラリア旅行のクチコミも書いてみた

Cap 2015-11-26 17.33.49

そういえば、去年はオーストラリアにも単独でバックパッキングしに行ったのだった。 この時のクチコミはまだ全然投稿していなかったので、同じタイミングで(覚えている範囲だけ)投稿してみたよ。

そうして手に入ったANAマイルは339マイル。 なんと、宿のクチコミを3つ投稿しただけなのに300マイルも手に入ってしまったのだ。

こうしてこの2件の旅行のクチコミで合計519マイルを手に入れました。 実際にANAのサイトで確認すると、ちゃんと加算されてるのがわかります。
Cap_2015-11-26_16_35_13

高マイルを狙うコツ

クチコミによってなるべく沢山のマイルを狙うコツは「なるべくマイナーな場所に行く」ことと「写真を必ず貼る」ことです。

1.なるべくマイナーな場所に行く

Cap_2015-11-26_17_21_25

観光地・ホテル・レストランのクチコミを投稿してもらえるマイル数は、実は対象によって異なります。

傾向として有名な観光地やホテルはマイル数が少なく、(日本人にとって)マイナーな観光地やホテルはマイル数が高いようです。

トリップアドバイザーは今回のANAとの提携キャンペーンを、新たな日本語クチコミを増やす目的で行っているものと思われます。

そうした目的を考えると、まだあまり日本人が訪れていない観光地やホテルなどのクチコミを増やすために、マイナーな観光地のクチコミを投稿したらマイルが高くもらえるよう設定していると考えられます。 いや、推測だけどね。

 

実際、オーストラリアで宿泊したホテルは日本のツアー客が利用するような有名所ではなく、バックパッカーが好んで使うような安宿だったので、福島のホテルのクチコミよりも相対的に高いマイルが得られたみたいですね。

2.写真を必ず貼る

Cap_2015-11-26_17_21_34

クチコミを投稿する際には、一緒に写真も投稿することができます。 これをやっておくと、更にマイルを加算してくれます。

ホテルやレストランなら室内の写真でもいいし、外観でもいいでしょう。 写真があるとクチコミの説得力が違うし、マイルも更に多くもらえるのでラッキーです。

スポンサードリンク

 

上記2つのコツをうまく組み合わせれば、クチコミ1件で113マイルも手に入るようになるわけです。 もちろん、ノーコストでね。

よく旅行に行っている人は、やっぱりこのテクニックを使っておくべきでしょう。 更に新しい旅行に手軽に行くためにも、ANAマイルは積極的にためておくべきですからね!

 

ちなみに僕はクレジットカードでもANAマイルが貯まるカードを活用してますが、100円につき1マイルなので500マイル貯めようとすると5万円相当のお金を使わないといけないわけです。

それ相当のマイルがノーコストで手に入るのは、やっぱすごいですよ。


100円で1マイル貯まるANA Visa Suicaカードを使って勝手にマイルが貯まる仕組みを作ろう | Tipstour

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly