2012/10/16 世界遺産 屋久島の旅 – day2 白谷雲水峡


2013-1005-081031

二日目は、白谷雲水峡に行ってきました。
もののけ姫の舞台のモデルとなったと言われるこの地、
やはり美しい緑がひしめいておりました。

スポンサードリンク

関連記事

いざ、白谷雲水峡。

朝8時ごろのバスに乗り白谷雲水峡へ。
白谷雲水峡は屋久島の北部、森林歩道で、1時間から5時間ほどのコースがあるみたいで、歩道といってもそこは山道、細くて崖の真横を通るようなルートがほぼメイン。

天気はまずまず、雨はたまにポツポツ程度といった感じ。
ほどよく曇っていたので、苔生す森の雰囲気は多分に感じられました。 晴れてるときは晴れてるときで、結構気持ちよさそうなのですけどねー。

ルート

ルートとしては、行きは楠川歩道ルートを進み、帰りは奉行杉ルートへ。 楠川ルートは基本的にはまっすぐの、それほど高低差もなさそうなルートでした。
もちろん山道なので岩はや木の根がゴロゴロしてるものの、この辺はスタート直後だったこともあってスラスラ歩けました。

GIMG_3518

合流地点を経由し、少し進むとちょっとずつ登り道へ。
このあたりからは更に岩・木の根がゴツゴツしてきて両手をフルに使わないとだいぶ上るのが難しくなってきた感じ。 特に木の根っこだらけで踏んで歩くのもだんだん一苦労となってくる…それでも黙々と、ゴア手袋を装着し、着々と次へ進みます。

苔むす森

休憩地の白谷山荘の水場で水を補給し、もう少し進むと苔生す森、いわゆる「もののけ姫の森」と呼ばれるエリアへ。

別の一行が通りすがった際にガイドさんが「もののけ姫の森という名称はジブリともめたのか変更になったみたいですねw」と解説していて「あ、ああ、なるほど…」などと感じてしまったw

今現在は、「苔むす森」というのが正式名称になっているようです。

でもやはりこの辺になると更に鬱蒼として今までの道よりも美しさが段違い、見渡す限りが緑色の苔と、すこしばかりの茶色の地面が見えるだけのツートンカラーがしばらく続く。 
まるで映画のワンシーンのような水場や開けた空間もあったりで、少しでもこの世界の雰囲気を伝えたいと写真は色々撮ったのですが、なかなかに魅力を伝えることは難しかったですね…。

GIMG_3300

GIMG_3299

念願の太鼓岩へ

縄文杉ルートへの分岐点 辻峠へと到着し一息、そこから更に険しい登り道へ。 殆どハシゴのような階段もあったりして、普段から山登りの慣れてない素人のぼくはゼーハーゼーハー言いながら上へ。

そんな道を15分ぐらい登ると、急に視界が開けてようやく太鼓岩に到着。
天気はやはり優れなかったものの、向かいの山までは見えるぐらいには視界は晴れていて、このあたりの壮大な景色が伺えました。

この岩、手すりも何もないので立ち上がるのもちょっと怖いくらいでした。

もののけ姫の「モロの岩屋」のモデルになったと言われるこの場所、結構他にも上ってる人が多くて常時4.5人ぐらいはこの岩の上で景色を眺めたり一息したり記念撮影したりしていたので、「黙れ小僧!!」ごっこをしたかったのですが…ガマンしておきましたw

GIMG_3301

この後、すぐに霧に覆われてしまい、殆ど何も見えなくなってしまいました。 宿の近くの食堂で出会った旅行者の方によると、翌日17日は快晴で、山を越えて海のほうまで美しい景色が見られたとのこと。 ぐぬぬ、うらやましい。

GIMG_3302

帰りの道筋

さて、勿論帰りの道があるわけで、下り道でヒザがちょっと痛くなりそうなところをガマンしてガンガン戻りました。
いや、この時点ではそれほど痛くはなかったのですが、終わってから、筋肉痛が、だいぶ来ましたね…。

山のエリアを下り、分岐点でまだ行ってない奉行杉ルートへと進んでみたのですが、こちらが想像以上にハードモード、楠川歩道ルートと比べて距離も長く、道も登りあり下りあり、川あり、木の根っこだらけの鬱蒼とした歩道でした。

こちらは奥地にてしばしば見かけた、ヤクシカさん。

GIMG_3519

人通りも少なく、時は13時ごろ、もう流石に登りの人も少なくなってきたでしょうしすれ違う人も少なくなるのは頷けるのですが、恐らく奉行杉ルートはそれを差し引いても通る人が少ないルートだったのかもしれませんね。

30分ぐらい人間に遭遇しない時間帯もありました。

鬱蒼とした雰囲気としては、申し分なく、色んな形の杉など見所も多かったのですがこの頃から雨も降り始め、結構なザーザーぶりに変わってきたために「こりゃハードモード入っちゃったな」というところでゼェゼェいいながら黙々と進んでしまったので、あまり余裕なく写真もあまり撮れなかったという始末。

今回は杖、いわゆるストックは何も用意してこなかったのですが、すれ違う人達は結構そのストックを持ってる人が見受けらましたね、全体的には平坦な道の方が少なかったので、やっぱり持っておくと歩きやすそうな気がしました。

ゴール!

15時ちょっと前に白谷の入り口へ。
雨が強くなって終盤は余裕なかったものの憧れの太鼓岩に登ってあの景色を眺めてきた高揚感はやはり格別でありました。

この翌々日、縄文杉にも行ったのですが、屋久島の自然を体感するという点ではやはりこちらの白谷雲水峡の方が格別に楽しめるなー、という印象を受けました。

ルートとしても縄文杉のように朝の4時出発しなくてもある程度の時間からちょうどいい時間帯には戻ってこれるぐらいの距離で、景色も代わり映えがあるので「屋久島といえば縄文杉」のイメージがありますが、正直言って白谷雲水峡の方がオススメです。
本当に。

もしまた行って、天気がいい日があれば、また迷わずこっちに行って太鼓岩に登りたい、そう思います。

次回/前回

2012/10/17 世界遺産 屋久島の旅 – day3 屋久島一周ドライブ | Tipstour

2012/10/15 世界遺産 屋久島の旅 – day1 出発 | Tipstour

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly