2012/10/15 世界遺産 屋久島の旅 – day1 出発


2013-1005-080102

2012年の夏、取れていなかった夏季休暇を利用して、
4泊ほど世界遺産の島、鹿児島県 屋久島に旅行に行ってきました。

壮大な自然とどこまでも緑色の森林が広がるこの島には昔から、行きたい行きたい、とずっと思っていたので、ようやく悲願達成です。
簡単にですが、レポートまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

屋久島へ行く前の苦労

本当は9月ごろ、3連休を利用してに屋久島へと行く予定はあったのですが、
そこでは見事に台風とバッティング。 まあ、台風のシーズンではあるし、
特に雨の多いこの島だし、残念だけど仕方ないよね…ということでリスケジュールを。

10月なかばなら台風の季節は終わっているだろうという事で、10月中旬に変更しました。
しかし、またしても台風が旅行の日を直撃する予報が。
(屋久島現地の方曰く、「今年は当たり年」だとか。 うれしくもなんともない)

クソ…リスケまでしたのにどうしてこうなってしまうんだ…と悲しみに打ちひしがれましたが
それでも今回は行ってやる! 台風なんかブッ飛ばしてやるぜ!(自暴自棄感)
ということで天気が危ういにもかかわらず強行しました。

結果としては、天候にもボチボチ恵まれて、雨六割、晴れ四割といったところで
やっぱり行って良かったなと思いましたね。

2012/10/15(月) 出発

台風の予想もむなしくなるくらいに、東京は快晴。
それでも、羽田行きのバスに乗るとダンダンとテンションが上がってきてしまう。
羽田についたらもうウキウキワクワクで顔が終始ニヤケっぱなしで
傍から見たら非常に気持ち悪い状態だったと思われます…。
でも一人旅、どうせ誰に見られてもいいやということで気にせず行くことにしました。

GIMG_3178

鹿児島着。

鹿児島空港着。 こちらも以外と快晴でした。 おっ、これはいけるんじゃないの? と一安心。
東京よりもやはりかすかにあったかい感じがありました。

GIMG_3185

空港から足早にバスに乗り換えて鹿児島市内へ。
バスからタクシー、 そして鹿児島本港南埠頭へ。
ここから屋久島まで1時間半の高速船「トッピー」へ乗船です。
鹿児島のド真ん中に位置する、活火山 桜島を遠くに望む。

GIMG_3188

高速船トッピー・ロケット(種子島・屋久島に運航・予約)

念願の屋久島、到着。

一時間半の船旅だったのですが、30分経った頃から波が荒れだし、
船の中が結構揺れる揺れる! これからの波乱を予想させるような海の荒れ方でしたが、
17時半頃にはなんとか無事辿り着く事が出来ました。 奇遇にも、島の東側、
安房港へと着く予定の高速船が波が荒れているために北側の宮之浦港への到着でした。
今回の宿が、宮之浦の民宿だったので、これはむしろラッキーということで、納得しました。

GIMG_3202
この子はお宿の第一村猫ちゃん。

屋久島の天気は曇っていたものの、雨は降っていない様子。
「スーパーネイチャー屋久島」という標識に迎えられ、曇天の下を出発。

GIMG_3203

今回のお宿

宮之浦港から、今回お世話になる「海星」さん(かいせい、と読むらしい)に
歩いて5分ほどで到着。 初日から一人焼肉をキメて、明日に備えます。
そう、明日は、一番のお目当ての白谷雲水峡へ行く予定なのです。

屋久島 民宿 海星のホームページへようこそ

次回

2012/10/16 世界遺産 屋久島の旅 – day2 白谷雲水峡 | Tipstour

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly