東京降雪! ノマドワーカーは通勤しなくて済むからやっぱり最高です


Cap 2016-01-18 7.57.57

こういう荒天のときにこそ、こういう生活しててよかったと思いますよね。

東京で雪ですね。 僕の住んでいる江東区では夜中にいくばくか降ったようで、地面に雪が積もっているぐらいですが、風が強くてまたいつ吹雪出すかわからない状況という感じ。

こういう日には通勤したくねえなー! と会社員時代はかねがね思ってましたが、ようやく通勤しなくても良い生活になったので、現在幸せです。

スポンサードリンク

関連記事

東京、雪で大荒れ

東京ではあまり雪は降らないけども、降ると交通が確実に混乱するんですよねー。


東京都心などで積雪 交通影響などに注意 NHKニュース

大荒れでも出勤しないといけない会社員という身分

こういう荒天のとき、かならず現れるのが「交通手段が遅延するから早めに出る」という出勤者。 大変ですよね。

案の定、早めに出勤している人達ですでに電車はどこも混みまくりのようだ。 僕は寒いのも嫌いだし満員電車も大嫌いなので、想像もしたくないよ。

 

しかし、まだ今日の雪はまだ軽い方で、通勤時間帯に台風直撃などでも通勤しようとする社畜根性が当たり前とされる国では、この程度で泣き言を言って会社を休んだりするのは意識が低いとみなされるらしい。

風邪をひいていても「いかに治すか」ではなく「いかに風邪を紛らわせて仕事をするか」というクスリのCMが流れるあたり、どんな時にも仕事が優先されるという風潮が根底にあるのは、やっぱ異常だよなあ?

みんな休める社会の方が幸せだろう

実際のところ、人の生命がかかっているというレベルでなければ、休むなり午前休を取るなり、すればいいのにと思う。

サービスレベルを落としてもいいから休めるような社会の方が、サービスレベルを維持しようとして従業員に無理を強いる社会よりもよっぽど幸せな社会になると思うのです。

「雪だけどもしかしたらお店やってるかも」というような風潮がどこかにあるからみんな仕事に出ないといけなくなるわけだから、「雪だからお店(会社)は休み」というのが当たり前になれば、イヤイヤ出勤する必要もなくなってくるはずなのだよな…。

ノマドはいいぞ

そういうわけで僕は現在ノマドワーカー生活を送ってますが、ノマドはいいぞ。

基本的に働く場所を選べるという利点が、こういう荒天の日にはとてもプラスに響いてきます。

今、この記事を書いているのも自宅です。 暖かい暖房の効いた部屋の中で、外の景色を眺めながらお仕事することができます。 すばらしいよね、通勤の概念がなくなると。

安定した収入と身分は多少犠牲になりますが、それと引き換えに手に入る自由は、僕にとってはとても重要です。 通勤するの大嫌いマンだったから、特にね。

 

もちろん、ノマドをやるにも自分が生活できるレベルの収益を上げることが重要だけど。

そこに至るにも会社員という身分の間に、ブログの記事を徐々に増やしたりするなど徐々に準備してきた努力あってこそ、こういう生活ができてるということもあります。

こういう荒天の日が来る度につらい思いを感じている人は、すこし考えてみても良いのではなかろうか、と思います。


仕事を辞める前に、今日からでも出来る10の「ノマドトレーニング」 | Tipstour

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly