【仕事】新社会人にありがちな「後からむなしくなるからやめとけ」と忠告したい通勤中の3つの行動


Cap 2015-03-15 11.43.55

4月が目前に迫ってきました。 4月といえば新社会人が通勤中の街中にあふれるシーズンですね。

新生活に向かって夢あふれる… かどうかはわからないけど、フレッシュな若々しさを感じるような気がします。 ほほえましい限りです。

しかし、毎年のようにこの光景を見ている側からすると新社会人の通勤する姿の中にはアイタタタ…な行動が見られることもまた事実。 通勤は遠足じゃねえんだよ! と言いたくなるような集団に鉢合わせすることも。

新社会人にありがちな痛い行動をまとめました。 どうせ後からむなしくなるだけなので、これから新社会人になる方々には「やめとけ」と警鐘を鳴らしておきたいと思います。

スポンサードリンク

 

1.同期仲間と集まって集団出社

新社会人の同期でまとまって寮や同じホテルに泊まっていたりするのやりがちなのが、新社会人の集団出社。

まだ都心部での通勤ラッシュに慣れていないのか、それとも慣れてはいるけど同期との集団活動特有の気の緩みなのか。 新社会人5〜6人で集まってワイワイガヤガヤと駅ホームや電車内で行動している新社会人をこの時期はよく見かけます。

まあ、ただ集まって出社しているだけならまだいいのだけど、たいていの場合は「通勤の人の流れを邪魔している」「うるさい」という問題が付随してきます。

これから痛いほどに通勤ラッシュの流儀を叩きこまれて静かに単独出社するようになるので、ワイワイ集団出社なんて後でむなしくなるだけですよ。 やめましょう。

 

2.通勤ラッシュ初体験ではしゃぐ

4月の新社会人登場シーズンになると、集団じゃなくてもこういう人が発生します。 慣れない満員電車が物珍しくて、キャーキャー言いながら満員電車に押し込められる新社会人たち。

学生気分が抜けてないのか、それとも遠足気分なのか。 これも集団出社している人に多く見受けられるのだけど、自分たちが思っている以上に通勤の場では目立っています。

朝の通勤の時間帯は非常にストレスフルなタイムなので、普段から満員電車を使って通勤している人たちから見ると非常に鬱陶しいのですよね。

こういった行動も、これから40年も続く満員電車生活のことを考えると後からむなしくなる行為のひとつです。 やめよう。

慣れない通勤ラッシュはこう通うべし

集団行動でワイワイガヤガヤと出社をすると、正常な判断ができなくなります。 周りを冷静に見ることができないので、知らず知らずのうちに他の通勤客に迷惑をかけていたりすることもあるわけです。

これから長く通勤ラッシュの地獄に身を落とすわけですから、遠足気分でワイワイ出社する前に「どうやったら苦労なく通勤できるか」を探るために周りをよく見て行動することを考えましょう。

例えばホームのどこに並ぶと乗り降りに便利なのかを調べてみたり、電車内の場所取りのコツだったり。 通勤というのはコツを押さえれば、多少楽になるものです。 どうせそのうち同期の仲間内で一緒に出社することもなくなるんだから、キャッキャウフフしながら集団出社なんてしていても誰も得しませんよ。


【読みました】通勤地獄をやりすごすためのユーモアあふれるガイドブック 「図解 電車通勤の作法」 | Tipstour

3.駅のホームで記念撮影をする

これは女子に多い気がする。 4月頃になると、なんと満員電車の駅のホームで自撮りしているリクルートスーツの女性をたまに発見するのです。

一体なんの記念として撮影したのかわからないが、イエーイ☆ 祝・出社という感じでピースしながら駅のホームでスーツ姿の女性ふたりが記念撮影している様は間違いなくシュール。 どうせ毎日嫌になるほど通うようになるのだから、わざわざ記念として写真を撮る必要もないでしょうに。

これもただむなしくなるだけの行動のひとつ。 やめましょう。

まとめ:郷に入っては郷に従え

こうしたワイワイ出社も、5月のゴールデンウィークを過ぎると途端に姿を消します。 研修が終わったからなのか、配属が決まって同期もそれぞれ出社先がバラバラになるからなのかはわからないけども、本当にゴールデンウィークを明けると新社会人の集団出社は見かけなくなるから不思議です。

 

今回、僕が言いたいのは要するに「通勤中にはしゃぐのはやめとけ」ということです。 別に暗い気持ちで出社しろとかそういう意味で話をしているわけではないのだけど、周りの通勤客との温度差をちゃんと考えた方がいいよ、という話。

言うなれば「郷に入っては郷に従え」というところか。

本当は僕も満員電車のような殺伐とした通勤環境なんか無くなってしまえばいいと、もっとみんなが気楽に通勤できればいいと思っているのだけど、残念ながらこの社会はそういう風に作られていないのですよね。

そういう環境である以上、環境に溶け込んで通勤するように心がけてほしいものと思ってます。 その方が疲れないし、我に帰った後の反動が少ないですから。

 

でも考えようによっては通勤中にキャピキャピできるのも新社会人まで。 一生に一度できるかできないかの経験だと考えると、むしろ率先してやるべき(?)であると言えるのかもしれないな。

…いや、やっぱり鬱陶しいのでやめてほしいな…(笑)

通勤の関連記事


通勤ラッシュを避ける闘いは住まい選びから始まっている 住居地選びの5つのポイントをまとめました | Tipstour


一生にかかる通勤時間が、人生のうちどれだけを占めるのか…算出してみたら思った以上に恐ろしい結果に。 でも、現状の再認識は必要 | Tipstour


職場まで通勤30分圏内に住み始めて半年 本当に助かってる7つのこと | Tipstour


通勤ラッシュや運転見合わせなどでの混雑地獄をやり過ごすためのコツは「すぐに諦める」こと。 | Tipstour


通勤ラッシュを避ける11の方法を真面目に考えてみた | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly