【Ruby】管理者権限がある環境でTwitter Gemをインストールする方法


installtwittergem_2016-0928-095415

以前、RubyでTwitter Botをつくる! にはどうしたらいいかのおおまかなまとめを書きました。

Ruby素人がTwitterBotを作ってみる:おおまかにやること・まとめ | Tipstour

とってもおおまかなまとめ記事ですが、だいたいこの通りにいければ適当にツイートするBotくらいは作れるはずです。

 

補足として、管理者権限があるUnix系環境(Mac含む)で、Twitter Gemをインストールする方法をもうちょっとだけ詳しく書いてみます。

相変わらずRubyは素人なので、基本的なことしか書いてないけど笑って許していただきたい。

スポンサードリンク

関連記事

インストールされてるGemの一覧を確認する

まずは自分のRuby GemにTwitterライブラリがインストールされているかどうか、の確認から。

gemが正常にインストール環境であれば、下記コマンドでインストール済みのGemを一覧表示できます。

gem list

実際に実行するとこのような感じで、インストール済みのGemがズラズラ〜っと表示されます。

TU-MacBook-Pro:~ slyellow$ gem list

*** LOCAL GEMS ***

addressable (2.4.0)
anemone (0.7.2)
bigdecimal (1.2.0)
buftok (0.2.0)
capybara (2.6.0)
CFPropertyList (2.2.8)
...

インストールしたいGemを検索する

インストールしたいGemがダウンロード可能かどうか、検索してみます。

gem search ****

インストールしたいGemはその名の通り「twitter」なので、その通り検索してみると…。

$ gem search twitter

*** REMOTE GEMS ***

agileanimal-integrity-twitter (1.0.4)
anthonycrumley-twitter (0.3.8)
arthurgeek-twitter (0.6.15)
atok-twitter (0.1.0 x86-mswin32)
balinterdi-cuckoo_twitterer (0.1.3)
baron-twitter (0.4.2)

...

twitter (5.16.0)

twitterと名前のつく関連Gemっぽいのが、やたら沢山出てきます。 正直多すぎてビックリするレベル。 何に使うんだ…?

今回必要なのはこのtwitter (5.16.0)だけなので、検索でヒットすることと、バージョンを確認しておけば大丈夫です。

Gemをインストール

twitter (5.16.0)を指定して、Gemをインストールしてみます。

gem install twitter

管理者権限があれば、実行するのはこのコマンドだけでOKのハズ。

ダメだったらSudoで

下記のようなエラーが出るかもしれません。 その場合はSudoでインストールを実行しましょう。

ERROR:  While executing gem ... (Gem::FilePermissionError)
    You don't have write permissions for the /Library/Ruby/Gems/2.0.0 directory.

sudo gem install twitter

スポンサードリンク

 

しっかり管理者権限がある環境であれば、Gemのインストールは案外簡単に終わりますね。

問題はレンタルサーバなど、権限が限定的なサーバで環境を構築しようとする時。

 

実は最近、さくらインターネットのレンタルサーバを契約してみました。

ここでBotを継続的に稼働させるようにしてみたいのだけど、Sudoが使えないので環境構築の時点でけっこう苦労してます。

みんな、どうやって構築してるんだろう? 色々試行錯誤中なので、方法の筋道が立ったらTips記事としてまとめてみますね。

それでは〜。

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly