週刊少年ジャンプの電子書籍版を定期購読したら節約になるのか調べてみた


jump_plus _2014-0929-061745_s

実は先月ぐらいに、高校の頃から買い続けていた週刊少年ジャンプの購読をやめたばかりだったんですが、その翌々週ぐらいに週刊少年ジャンプの電子版がリリースされることが決定されてました。

購読をやめた理由は主にコストと節約の理由だったんですが(あと、読みたい漫画が少なくなった)もうちょっと早く電子版のリリースのアナウンスをしてくれていたら、決断が変わってたかもしれないですね…。

まあ、いいや。 電子版と紙版とで少し価格が違うらしく、毎週買い続けるとしたらどっちの形式の方がお安く上がるのか、確かめてみました。

スポンサードリンク

 

ジャンプ電子版


少年ジャンプ+とは?

電子版を単体購入すると300円。 高いですね。 ただ、月間の定期購入は900円になるということで、単純計算でも定期購入の方がお得だなというのがわかります。 どれぐらい違いがあるのかな。

比較してみた

ということで、1年間購入した場合を比較してみました。 こちらをご確認ください。

 紙版電子版(定期購読)電子版(単体購入)
単価255900300
年間の購入回数521252
合計13,260円10,800円15,600円

現在のジャンプは255円で販売されてます。 価格が変動する場合もありますが、今回は計算に含めません。 また、年間の購入回数は50回で計算しています。 本当は52号で1年分ですが、合併号によってもうちょっと減るため、今までの平均値として50回にしています。

はい、ということで結論として、電子版の定期購入なら年間1950円お得になるということがわかりました。 これなら電子版、全然アリじゃないですかね?

ざっくりジャンプ7冊分ぐらいは節約できている計算になります。 コレ電子版に抵抗ないのであれば、迷わずこっちを選択してもいい感じですね。

まとめ

  • 電子版は単体300円
  • 電子版定期購入は月900円
  • 電子版定期購入が一番お得
  • ジャンプ7冊分ぐらいは得をする

一読者からすると、「電子版なんだし特定の漫画だけ20円ぐらいでリリースしてくれよ」とか思っちゃいますけどね、それをやってしまうと長期的に雑誌として成り立たなくなってしまうので仕方ないかなと個人的には思います。

まあでも実際に僕が読みたい漫画が減ってるのは間違いなくて、黒子のバスケも終わってしまったしSOUL CATCHER(s)も移籍してしまったし、HUNTERxHUNTERは結局長期休載になりそうだしで、読むのをやめるのはちょうどいいタイミングだったのかな…って思いました。

…自分語りすぎてどうでもいいですね!

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly