【時間節約】どうして日本人は「長い行列に並びたがる」のか?


gyouretsu_jp_2014-0606-053604

この間、お仕事で東京駅の地下を歩いていると、1時間待ちという行列が通路に出来ていた。 なんだろ? と思ってみてみたら、ポップコーン屋さんの行列だったらしく、正直なところかなり驚きました。 そして、首をかしげた。


ギャレット ポップコーン ショップス Garrett Popcorn Shops

え? たかだかポップコーンに1時間も並ぶんですか? ポップコーンならコンビニで買えばよくない? マイクポップコーン美味しいよ?

とか思っちゃうんですが、行列には若い女性や仕事帰りのおじさん等々、沢山の行列が形成されてました。 前からずっと思ってたけど、日本人って行列好きですよね。 何故行列に並ぶのか、そこに行列があるからだ、と言わんばかり。

僕は行列とか極力並びたくない性質なので、日本人のそういう「行列に並びたがる」性質がどうしても理解出来ないんですよ。

スポンサードリンク

 

行列が出来てるお店は良いお店だという先入観

こんな記事がありました。


「行列は嫌い」が84%。でも、なぜ行列に並んでしまうんだろう?|-日本のデータ- JAPAN VIEW|WEBマガジン〈かりかりかりうむ〉

「人気のアトラクション待ちや話題の店など、その先に楽しみがあれば“待てる行列になるが、”並ばされる行列“では、多くの人が『時間がもったいない』、『飽きる』、『面倒』、『疲れる』と感じてしまう」と分析している。

ふーむなるほど。 行列を楽しみのひとつと捕らえて、その行列の先に美味しいポップコーンがあるのなら、並んででも食べてみたい、トライしてみたいという気持ちが日本人にはあるのかも。

また、電通の調査によれば、「どんなときに行列に並んでしまいますか?」という問いかけに対し、
………………………………………………………………
1 おいしいもの、いい物など、並ぶ価値があるとわかっているとき
2 評判を聞いたり、流行ったりしていて、自分も試したいとき
3 限定で、そのときにしか手に入らないとき
4 どうしても食べたい、買いたい、と思っているとき
5 行列をしてみて、試してみたいと思ったとき
………………………………………………………………
といった回答が上位に並んでいる。

ただ、そういう美味しい食べ物だって別に1時間もの行列に並んで買うほどのものじゃないと個人的には思うんだけど。 根本には「他に習え」という日本人独特の美徳感から、「みんなが並んでいる=価値のあるものだ」という考えで、並びたがる人が多いんじゃないかな。 僕には理解できないですけど。

日本人の「苦労自慢」も行列好きの理由のひとつ

日本人の悪癖のひとつに「○○時間も○○しちゃったよ」とか「○○時間しか寝てねーわ、マジつれーわ」という苦労自慢大好きな性質も、行列好きの理由のひとつだと思います。

「1時間も並んで買ってきたポップコーンだよ!」というと、「うわーすごい! それだけ並ばないと買えないポップコーンなんて、きっと美味しいんだろうなー!」という意識が働きやすいのでしょう。 正直、これも僕にはあまり理解できないですけど。

もしかして並んでたのは地方の方々?

ちょうど、このことを考えていたときに母親がすぐそこに居たので、世間話程度にこの件を話してみたら「旅行で東京来てた人とかは中々買えないから、どんどん並んじゃうんだろうね」というコメントが。

なるほど、ちょっと目から鱗。 そういえば東京駅も各地への玄関口であることを考えると、そういう交通の要にこういう話題性の高いショップを出店することで地方からの旅行客が並んで買っていくことも考慮に入れていると…。

なんかショップ側の戦略、思った以上に合理的だった。 日本人の行列好きの精神を、巧みに使ってるなぁ。 やっぱり行列好きの精神、僕には理解できないけどビジネスとしての利用価値は、大いにありそう。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags: