最近流行のキュレーションサービス…どうしてもここが気に入らねえ!


curation_services_2014-0424-181541

GunosySmartNewsに代表される、今人気のいわゆるキュレーションサービス。 人目で自分の興味のある分野のニュースや記事を表示してくれるという簡単さ、気軽さでメキメキと利用者が増えてるらしいこの手のWebサービスです。

実際僕はGunosyおよびその他のキュレーションサービスって使っていないんだけど、使っていなくてもどうしても気になってしまう、僕が気に入らないポイントがひとつ、あります。

スポンサードリンク

 

シェアされた記事に直接飛べないこと。

ぼくが気に入らないたったひとつのポイント。

それは、記事に飛ぼうとアクセスをすると、キュレーションサービスのページに飛ばされること。 その一点。

どういうことかというと、例えばTwitterなどのTLで共有されている記事があります。 この記事に興味を持ってアクセスしてみると、どういうことだかその記事に直接飛べずにキュレーションサービスのページに飛ばされてしまうというわけです。 

そのページから、ようやくお目当ての記事のページに飛べるというものですが、そのワンクッションがすぐに記事の情報を得たい人間にとっては無意味で邪魔になってしまうのです。 たぶん、皆さんも経験あるんじゃないかなと思うんですが。

ひどいものだと、キュレーションサービスのページ→「記事を読む」→別のキュレーションサービスのページ→「さらに見る」→やっと記事にアクセス出来るという、二重クッション、たらいまわしにあうという事も。 ええい!鬱陶しい! 肝心の記事を見せろ、記事を!
2014-0424-181950

2014-0424-182004

ただ、すべてのキュレーションサービスがそういったワンクッションを置いているわけではないようです。 そういったサービスはありがたいんですが…ねぇ。

アンテナサイトとキュレーションサービスってもしかして変わらないんじゃ?

これって、一昔前にちょっとだけ流行ったアンテナサイトと殆ど同じで、結局は記事を見にきた来訪者からおこぼれのPVを得るための、広告を見せるためだけのワンクッションなんですよね。

アンテナサイトもキュレーションサービスも、そのサービス単体では情報があるわけではなく、荒く言ってしまえば他サイトへのリンクを貼って収益を得る、単独では何も情報の無いサービスと言えるわけですね。

まあ、アンテナサイトは目当ての記事を沢山ある記事の中に潜ませて探させる、という更なる手間を持たせていたというのもあるので、どちらかといえばキュレーションサービスの方が上等なんだろうけど。 更に、「いかに興味のある記事を紹介しているか」というアルゴリズムもある点も、キュレーションサービスの方が上なのかな。

それでも今後はキュレーションサービスが増えていくのだろう

正直なところ、自分で情報を探してきたり、信頼できる人のシェアした記事から情報を手に入れている人間にとっては、あまりキュレーションサービスってのは必要ないんじゃないだろうかと思ってしまうわけです。

そもそも商売として、自サイトへのアクセスで広告掲載、収益を得る形態なのだからこの方式をやめるわけにはいかないんだろうけど、一利用者にとっての利便性としてはシンプルにマイナスであることは間違いないので、正直いらないというのが実情。

だがしかし。 現在のネットの流れやGunosyの大人気ぶりを見ると、今後もどんどんキュレーションサービスが増えてくるだろうなという予感はしています。

それはそれでいいんでしょうけど、じゃあ俺も俺も! とどこもかしこもキュレーションサービスを開始してどんどん乱立。 その結果、どのURLを踏んでも踏んでもキュレーションサービスに飛ばされて目当てのページにたどり着けないというのを危惧してます。

まあここまで言っておいてアレだけど

はい、ここまで思うままにボロクソ言ってきましたが、掲載されるサイト側としてはGunosyおよびキュレーションサービスは非常にありがたい存在ということも確かです。

Gunosy砲という言葉が既にあります。 これは、Gunosyに掲載されることでその利用者が一斉にアクセスし、普段からは考えられないようなPVが得られるというもの。 Yahoo!砲なんていうものもありました。

僕も一度だけこのGunosy砲の経験があって、その一日のその記事だけで3500PV近くのアクセスが来るというすさまじい効果があったことは記憶に新しいです。 (ちなみに通常は、サイト全体の一日のPVがだいたい4000PVほど。笑)


一記事が一日で3500PVだとォ!? 記事がシェアされまくってブーストしていた件。 | Tipstour

だから、一概に鬱陶しいって言うつもりはないんですけどね。 でも、ワンクッションはやっぱ鬱陶しいよ。

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly