熱中症寸前! 猛暑のSummer Sonic 2013(8/11)に遊びに行ってきたお話


2013-0822-214106

8/10-11の土日は、近年でもまれにみる猛暑・酷暑となった週末で、こんな日は普通は冷房のかかった自宅で大人しく過ごすべきなのでしょうが、
無謀にもぼくは10日は山中にPAを持ち出して音出しをし、11日は幕張に向かってサマーソニックに参加をするという週末両日を野外で過ごすというハードな炎天下コースを選びました。 水分補給はちゃんとしていたつもりでしたが、昼過ぎにはあやうく熱中症になりかけるところでしたよ…。 危うい危うい。

さて、その11日のサマーソニックについてのレポートです。

スポンサードリンク

 

Marine Stage: Imagine Dragons

なんとなくで見に行ったマリンステージ、ここで出会ったのがImagine Dragons、これがなかなか意外と良かった。 ステージ上に(あまり演奏しなかったけど)大きな和太鼓を設置したセットでのライブ、音としては最近よく聴くPassion PitやGrouploveのようなドリームポップ的をもうちょっと硬くした感じでしょうか。 
パーカッション主体なスタイルや和太鼓をプレイするというところで好感度が急上昇、とにかくMCで東京愛を叫んでいたので、更に好感度が上昇、という『好かれたら好きになる』といわんばかりに気に行ってしまいました。

この時点でのマリンは非常に暑く、太陽も照りつけて午前中からヘトヘトになりかねない灼熱さに負けてスタンドでポカリを飲みながら見ていましたが、これがなかなかいいバンドで、掘り出し物を見付けた気分。
これこそフェスの醍醐味、思わぬ良バンドとの遭遇ですね。

IMG_6225_small

Marine Stage: John Legend

そのままマリンステージ周辺をブラブラ、放水車や保冷材みたいなアイテムをフリーで配っていたりと、暑さ対策の催しが結構開催されてたみたいです。 
この辺はサマソニならではですね、フジロックだと暑さ対策よりも寒さや雨対策の方が重要ですからね…w

さて、マリンステージ Imagine Dragonsの次はJohn Legend, この人も前情報なしで眺める事に。 今度はちゃんとアリーナの中で。 
印象としては、USチャートに入っていそうなR&B風味のポップ&ロックスにJazzぽさを加算した…という感じ? 聴き直してみると、意外とアースに近しいような? Legend本人はボーカルでしたが、ギターやピアノも代わる代わる演奏していました。 演奏、上手だったなぁ。

ただ、先ほどのImagine Dragonsもですが、この時間帯のマリンステージは炎天下、日陰でも暑くて汗が噴き出すぐらいの気温だったのでアリーナ上はちょっと人もまばらな感じでありました。 チケットが開催1か月前にソルドアウトして満員パンパンの筈なのに、思ったより人が多いなーとか思われなかったのはやっぱり涼しいメッセの屋内にみんな避難していたからなのかな。

IMG_6237_small

しかし、こんな昼間の時間帯から準トリのMr.Childrenを待っている様子のおばさん達もチラホラ。 通称、ミスチル地蔵と呼ばれる人たちか…。 
ちょっと体力、持たないんじゃないかなあ、大丈夫だったんだろうか。 (ミスチルのLiveはみてない)

Mountain Stage: Cyndi Lauper

マリンからビーチサイドへとウロウロ。 この時間帯もっとも日差しが強くて、ポカリをガブガブと飲んでいたにもかかわらず、頭がボーッとしてくる始末。 熱中症でダウンする人もやはり当日多かったようで、同じ轍を踏まないようにと意識的に水分を多めに取ってたんですが…
やはり暑い、もう室内に逃げよう。

そんなこんなでメッセに到着し、2時間ほど休憩するとぼちぼちCyndi Lauperの開始時刻に。
どうやらこの日は、マウンテンステージは序盤が若手のPOPSシンガーやバンドを、後半にベテランのシンガー/バンドを配置するという、温故知新(?)なタイムテーブルとなっていたみたいです。
でも、こういう試み面白いですよね、この年のサマソニにしては結構練られたタイムテーブルなような気がする。

さてCyndi Lauper. フジロックにてThe Cureを見た後だからか、
赤毛にしたロバートスミスに見えましたが、ちゃんとシンディです。 
黒い革製のコルセットな衣装だったので、メッセ屋内といえどちょっと暑そう。 ライブについては一通り、有名な『Girls Just Wanna Have Fun』『Time After Time』はプレイをしてくれました。 その他にも耳に残っている曲はあったんですが…ごめん、ちょっと曲名わからなかった。 
あ、グーニーズは、やらなかったですね。

IMG_6266_small

しかし曲間のMCが長い、長すぎる! この人お話し好きなんだろうなぁ…。 
『年をとると長話をしたくなる』というモノらしいですが、なんだかまさしくソレでちょっと笑ってしまった。 
通訳さんを呼んできて色々と話をするものの、オチがあるのかないのかわからない話(これが俗に言う深イイ話ってやつなのか…?)が5分ぐらい続くので、MCは飽きたw

Mountain Stage: Earth Wind & Fire

今日の一番のお目当てだったアース、マウンテンステージもなかなかの入り具合。 

ライブ開始、しょっぱなから『Boogie Wonderland』という観客を早速グイグイひっぱるライブに。 その後もヒット曲が続き、ラストスパートの『September→Let’s Groove』という流れはズルいとはいえ踊らされてしまうなあ!

ただ気になったのは中盤、『Fantasy』が来るまでゆっくりテンポの曲が3,4曲続いたのでちょっとダレたかなあ、という所だけかな。 やっぱりアースはダンスクラシックなディスコで踊ってナンボじゃないでしょうか! いやCDならゆったりしたのもいいけど、ライブだし! ね!

IMG_6267_small

全てのアルバムを聴いたわけじゃないのですが、どうやらEarth Wind & Fire, 新作を製作中だとのことで、もしかするとその辺もプレイしていたのかも、しれないですね。

あ、そういえば(たぶん)オリジナルメンバーのひとりが、『剣道』の刺繍の入った赤いチョッキを着ていたところが妙に印象に残りました。 なぜ、剣道なんだ。

Mountain Stage: Petshop Boys

結論からいうと、これがすごい楽しかったです。

牛の頭蓋骨のような被りものをしたダンサーが縦横無尽にステージ上を踊り、背景にはその牛の頭蓋骨のスーツ姿の人間が空を飛ぶ… ちょっと何を言ってるのかわからないと思うが、そんなパフォーマンスを行いながらのライブでした。

IMG_6265_small

いやー、ガンガン踊れるわけでもないのに、この楽しさ、完全に演出の勝利でしたね。 真面目にこれだけ『オシャレだけどおバカ』な演出を行えるセンス、想像以上に見ていて楽しかったです。 
多彩な映像にスクリーンを使った演出、プロジェクションマッピング、に更にはダンサーがホッピングを使ったりと、もはやライブというよりもミュージカルというかショーというか、見ていて飽きない良いライブでしたよ。

特に箱の中にメンバー二人が入って顔以外を隠して胴体をプロジェクションマッピングでダンスさせる演出の『Love etc.』、これには流石に笑わざるを得ない豪快なパフォーマンスでした。 なんていうか、アホですね。

定番の『Go West』『Suburbia』も聴けました。 満足。

総括

今年のサマソニ、色々とラインナップやチケットの売り方で商業主義に走りすぎていて批判の声も強かったところでしたが…この日みたライブアクトはどれも素晴らしいものばかりで満足でした。 
フジロックと違って、サマソニはあくまでライブ・コンサートの大きな集合体というべきか、
そうした目線で単純にライブを楽しもうとするにはむしろフジロックよりも快適なのかもしれないですね。

まあ今年は、例年以上に暑さで大変でしたけど。 皆さん水分はちゃんと取りましょう…。

関連

今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 一日目(7/26 Fri) | Tipstour

今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 二日目(7/27 Sat) | Tipstour

今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 三日目(7/28 Sun) | Tipstour

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly