今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 三日目(7/28 Sun)


IMG_6058_small

もう2週間以上経っていて、すでにサマーソニックすら終わってしまいましたが
気にせずフジロック3日目のレポートですよ!

この日の天気は昼に一時通り雨が降ったものの、それ以外は特に降らず、
前日の荒天よりは恵まれた一日となりました。

スポンサードリンク

 

Daydreaming: Asano Tadanobu

フジロックのDaydreamingステージは、
全長5.4kmのロープウェイ、『ドラゴンドラ』を使って
苗場から離れた山中にひっそりと佇む人里離れたエリア、
まさしくフジロックのボーナスステージ然としたフロアーです。

メインステージのような大きなライブはないものの、
開放的な雰囲気の原っぱと、その心地よい空気感は
フジロックの苗場会場ですら喧騒に溢れた下界にみえるような…
そんな素晴らしいステージです(ベタ褒め)

IMG_6019_small

さて、俳優 浅野忠信、フジロックには毎年参加しているらしく、
数年前にも(荒天で中止になったものの)オールナイトフジに出演していた彼、
ブースの目の前にはひとだかりが出来ていて注目度の高さがうかがえたものの、
サウンドとして面白かったかどうかと言われると…
正直、イマイチという印象しかなかったなぁ。

いわゆるミニマルテクノという所であるものの、
ミニマルの中でも殆ど展開のないループが延々と続いてはそのトラックが終わり、
曲間を繋げる訳でもないという…
うん、評価し辛いパターンだこれ!

人だかりも、最前列に踊らず密集してるところからも
俳優としてのAsano Tadanobuを見てるだけという、そんな感じでしたね。
悪い言い方ですけど。

Daydreaming: Matsusaka Daisuke

これまでの踊り辛い空気を刷新して、野外音出しにピッタリなプログレッシブハウス/テクノをプレイ。
忠信氏目当ての人がはけたからか風通しが良くなって踊りやすくなってきたので
お酒を飲みつつ椅子に座って眺めつつ、フリスビーをしたりしてマッタリ。
自由にのんびりしながら音を聴けるこの雰囲気こそ野外音出しの醍醐味ですなぁ…。

中盤、Gonno – ACDise #2をかけてました、
この曲、何年か前に同じくフジロックでJames Holdenもプレイしていたトラック。

Todd Terje – Inspector Norseなども聴こえてきましたよ。

Daydreaming: Kaito

昨年? もDaydreamingに出演していたヒロシワタナベ氏、今回はKaito名義でのLive.
こちらの名義のトラックはあまり曲毎に詳しくないのでわからなかったですが、
何処となく耳にしたことのあるフレーズも聴こえてきたり。
日本人DJの中で野外で聴きたい人Best3くらいに入るこの人、やはり、いい。

IMG_5995_small

Daydreaming: YODA

Daydreaming 大ボス、与田太郎氏。
フリスビーしていたり、大きめな雨が降ってきたりであまり集中して聴けてなかったような記憶が…

そういえば帰りのゴンドラの中で降りだした雨も止んで、
フジロックの会場上空に虹も見えて良い感じな雰囲気になってましたよ。

IMG_6027_small

Green Stage: Mumford & Sons

地上に戻ってきたら残りは最後までグリーンステージに。
世界各国のフェスではヘッドライナー級のバンドにも関わらず、
今年のフジロックでは準々トリぐらいの場所に。

IMG_6032_small

それでもやはり注目度は高かったようで、
まだ明るいグリーンステージも前半は殆ど埋まっている感じでした。
カタコトだけども日本語で挨拶とかしてくれると、ちょっとうれしいですよね、聴いている側も。
(こういうプロモ精神的な姿勢が、
日本で長期間売れる/売れないの海外バンドの境目になったりするもので。)

ぼくとしてはカントリーチックなサウンドだと、もうちょっとダンサブルな方が好みかもしれないな。
これも何年か前にグリーンステージに出演していた、
John Batlers Trio、こちらすごい良かった記憶ありますね。

Green Stage: Vampire Weekend

こちらも世界各国のフェスでの人気バンド。
夕闇にまぎれて薄暗くなってきた中でのLive、
このバンドも注目度が高いのか結構なお客さんが集まっていました。
このボーカル、非常にハンサム。

最新アルバムからメインに、旧アルバムもバランスよく演奏していました。
2010年にも同じくグリーンステージに登場していたようです。

IMG_6036_small

僕は最新アルバムの方しか持ってないのでそっちの楽曲はすぐわかったんですが、
歓声が上がっていたのは旧アルバムの曲がメインだったような気がする。
新作の『Steps』のイントロが流れ出しても歓声ちょっと小さめだったような、
そんな気が。

Green Stage: The Cure

三日間のフジロックの大トリは往年のベテランバンド、ザ・キュアー。

タイムテーブル上は2時間と、トリの中でもロングな持ち時間を確保していたものの
実際はなんと全36曲という長時間のLive、
時間にして3時間丸ごと歌い上げたとのこと。 すげぇ。

IMG_6045_small

下記、セットリスト。

Plainsong
Pictures of You
Lullaby
High
The End of the World
Lovesong
Push
In Between Days
Just Like Heaven
From the Edge of the Deep Green Sea
Prayers for Rain
Sleep When I’m Dead
Play for Today
A Forest
Bananafishbones
The Walk
Mint Car
Friday I’m in Love
Doing the Unstuck
Trust
Want
Fascination Street
The Hungry Ghost
Wrong Number
One Hundred Years
Disintegration

Encore:
Dressing Up
The Lovecats
The Caterpillar
Close to Me
Hot Hot Hot!!!
Let’s Go to Bed
Why Can’t I Be You?
Boys Don’t Cry
10:15 Saturday Night
Killing an Arab

とんでもないな…!
一番盛り上がった、というか歓声が上がったのは、
『Just Like Heaven』『Friday I’m in Love』でしょうか。

僕は代表曲だと思ってた『Lovesong』についてはそれほど反応なしで
ちょっとだけ「あれっ?」て感じでありましたが。

一見は不審者にしか見えない(失礼)なメインメンバー、
ロバート・スミスですがベテランの安定の歌唱力。
同じくトリのNine Inch NailsやBjorkのように、
1時間半ほどの時間の中で圧縮して演出を練り上げたLiveとは違い、
どこか淡々と着実に演奏をこなしていく姿は、
雨の止んだほどよい涼しさのグリーンステージには
ちょうどいい塩梅のマッタリ具合で見る事ができました。

実際のところは、三日目のトリは元気に踊れるアクトの方がいいなぁ…
とは未だに思っているところですが、
たまにはThe Cureのように混みすぎない快適さで熱燗を飲みながら眺められるのも、
いいもんだなー…と感じましたね。

総括:3ベストアクト

今年で7年目の参加でしたが、今年が今までで一番空いていたような気がしました。
グリーンの前列にも、サクッと入っていけたもんなあ。
でも、客側としてはこれぐらいの方が移動もしやすいし快適だし、
自然の中で人ごみに押しつぶされるぐらいなら全然この方が良いなって、
そう認識できる年でした。
去年とか人、多過ぎたもんな。

3位はcro-magnon.
意外とノーマークでなんとなしに見たアクトがすごい気に入る事も多くて、
実際、それがフェスの醍醐味といえる部分がありますよね、
このcro-magnonも前情報なしに聴いたら着実なグルーヴ感にヤラれました。

きっと僕はこういうさりげないライブを聴くために、
椅子を持ってField of Heavenというステージに行くんだなぁ。

 

2位はMaya Janes Coles.
予想外のサウンドでありましたが、土曜夜の期待を裏切らない硬派なセット、
不足しがちなテクノ四つ打ち欲を満たしてくれるには最適なアクトでした。
またしっかりとクラブでも見たいなぁ。

 

1位はやはりNine Inch Nails!!
雷雨を味方とした演出がこれほどマッチしたライブは、
7年間フジに遊びに行った中でも無かったんじゃないかな。
演出、ライティングともにガッチリマッチした骨太なライブで
これもノーマークだった僕はこれにガッツリ心を掴まされてしまいましたね。

関連

今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 二日目(7/27 Sat) | Tipstour

今年もFuji Rock Festival 2013に行ってきたよ! at 一日目(7/26 Fri) | Tipstour

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly