【Excel Tips】セルの書式設定を開く、ふたつのショートカットキー


excel08

Excel Tipsの時間です。

久しぶりにショートカットキーの紹介なんですけど、これ覚えておくと結構使えそうな感じだったので、メモ代わりに記載しておきます。 書式設定を開くショートカットキーです。

スポンサードリンク

 

書式設定を開くショートカットキー

Ctrl + 1

上記のショートカットキーで、選択しているセルの書式設定ウィンドウを開きます。 開かれるタブは、最後に開いていたタブが開くようになってますね。

 

ちなみに、もうひとつ書式設定を開くショートカットキーがあります。

Ctrl + Shift + P

このショートカットキーは、書式設定ウィンドウの中でも「フォント」タブを開くショートカットキーです。 何故フォントタブだけ個別にショートカットキーが設定されているのかはよくわからないですが、これも覚えておくとちょっとだけ使えるかもですね…。

まとめ

  • Ctrl + 1で書式設定ウィンドウを開く
  • Ctrl + Shift + Pで書式設定ウィンドウのフォントタブを開く

日常的にExcelを使ってると、やっぱりどんどん効率よく効率よく使いこなす術を自然に会得できてきますね。 学んでも学んでも、知らないTipsがモリモリと登場してきて奥が深いです。 Excelってやつは。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly