【Excel】勝手に消えてしまう先頭の「0」をそのまま表示させる方法


excel-top-zero-visible_2017-01-18

さて今日もモリモリとExcelの知識を高めていきましょう。 今回はかゆいところに手を届かせるタイプのExcel Tipsです。

セルに数値や文字列を入力する場合に、先頭に数字の0を入力したい場合というのがごくたまに存在します。

たとえば、2進数で「00101」という表記で入力したい場合や、090…で始まるような電話番号など、先頭に0を入力する場合など。

こうした数字の文字列、そのままセルに入力すると先頭の0は自動的に削られしまうのです。

さっきの2進数の例だと「101」という数字になってしまいます。

これだと問題ある場合が結構あるのですよね。 そうした場合の対処方法をまとめました。 特別な設定不要です!

スポンサードリンク

関連記事

通常、先頭を数字の0にした場合

ここでは試しにとあるセルへ「011」と入力してみます。
2015-0406-141603

本来であれば入力した通りに表示されてくれればいいのだけど、実際に表示される内容は「11」になってますね。 これは自動的に「頭に0があっても仕方ないから省略したろ」というExcelの機能によって、0がカットされているということになります。
2015-0406-141630

カットされて表示されるだけならまだ良いのだけど、実際にデータを見直してみると「11」という内容で保存されています。

先頭の0は、消えてしまうというわけですね。

0を消さずに表示させる方法

さて肝心の、先頭の0を消さずに表示させる方法。

文字列の先頭にシングルクォーテーション「 ‘ 」を入力します。 これだけです。

ダブルクォーテーションの「 ” 」などと混同しがちですが、シングルクォーテーションであることに注意です。

キーボードからだとShift+7で入力できますよ。

実際にやってみた場合

実際に入力すると、こう。
2015-0406-141616

セルに「’011」と入力します。 そうすると、こうです。
2015-0406-141644

実際に入力されているデータを見ると「’011」のままですが、表示上は0が消える代わりにシングルクォーテーションが見えなくなる、というわけです。

以上、ご参考までに! それでは!

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly