OneDriveとOffice連携のバージョン対応表をつくってみた


office365_004

調べてみたのだけど、あまりしっくり来るものが見つからなかったので対応表を作ってみました。

OneDriveとOfficeの連携として、ExcelやWordから直接OneDrive上のフォルダへとファイルを保存したり開いたりということが可能となっているわけなのですが、どのOfficeのバージョンでその連携が可能なのか、ちょっと気になったのです。

こういうバージョンごとの対応表って、あんまりまとめてくれないんですよね…。 一応、メモとして掲載しておきます。

スポンサードリンク

 

対応表

こちらがバージョン対応表。

バージョンOneDrive‚へ直接保存OneDriveƒストレージ経由で保存
Office 2013›○›○
Office 2010›○○›
Office 2007›○
Office 2003›○
‚それ以前のバージョン›○

2010以降のバージョンは、OneDriveのフォルダ内で直接保存が可能です。 2007以前になると、OneDriveへ直接保存の機能自体がありません。

が、OneDrive自体はクラウドストレージであるので、PCにOneDriveアプリをインストールしておけば、Dropboxと同じように特定のフォルダが同期対象となります。 そこにファイルを保存することで結局は同じようにOneDriveへの同期ができるということになります。

結論:OneDriveオンラインストレージ経由ならどのバージョンでも可能

結局のところ、特定フォルダ上にデータを保存するということはどのOfficeでも出来るわけなので、オンラインストーレジ用のフォルダを用意できれば実質どのOfficeのバージョンでもOneDriveは利用可能という考え方でいいかなーと思います。

ちなみに、OneDriveストレージ用のアプリはWindows7以降からサポートということのようなので、VistaやXPでは連携できないということになりますね・・・。

まとめ

  • 結論からいうとWindows 7以降であればOneDrive連携可能
  • 直接保存はOffice 2013, 2010で可能
  • 2007以前でもオンラインストレージ機能で同様の事ができる

OneDriveの関連記事

OneDriveは最近導入したてなので、結構話題に挙げてます。 下記記事もどうぞ。


OneDriveをインストールしてみた(Windows版) | Tipstour


一足お先!にOneDriveの容量が無制限になったよ | Tipstour


Office 365 Soloを購入してみた その1『プロダクトキーの購入と登録』 | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly