Office 365 SoloをMacにインストールしてみた


office365_002

先日Office 365 Soloを導入しました。 まずはWindowsへインストールをしてみたのだけど、今度はMacにインストールしてみます。

環境はMacBook Pro, OS X Yosemiteです。

スポンサードリンク

 

Windows版の記事はこちら

先にWindowsPCへ、Office 365 Soloを有効化&インストールしています。 Windowsをお使いの方はこちらを参照くださいね。


Office 365 Soloを購入してみた その1『プロダクトキーの購入と登録』 | Tipstour


Office 365 Soloを購入してみた その2『インストール方法』 | Tipstour

Office 365 Soloの入手はこちら


Office 365 Solo – Microsoft Store Japan オンライン ストア

MacにOffice 365 Soloのインストーラーをダウンロード

さて、MacへOffice 365 Soloをインストールしていきましょうか。

プロダクトキーはすでにアカウントに登録してあるので、今回は登録せずにOffice Onlineのページにログインします。 (プロダクトキーの有効化がまだの人は、上記の記事その1を参照のこと。)


Microsoft アカウントへのサインイン

このページからOffice Onlineへサインインしましょう。
Cap 2015-01-11 15.25.40

サインインすると、現在自分のアカウントでOffice 365 Soloを有効化(利用)している端末の一覧が表示されます。
Cap 2015-01-11 15.26.28

Office 365 Soloの場合は2台まで利用可能なので、すでに別PCでインストールしている場合はここに1台登録されているはず。 今回は、サブ機のMacへのインストールなので「インストール」をクリック。

インストーラーのダウンロードが始まります。 完了したら実行しましょう。
Cap 2015-01-11 15.28.29

MacへOffice 365 Soloをインストール

引き続き、インストール方法を見ていきましょう。 このアイコンをクリック。
Cap 2015-01-11 15.34.08

Windows版はバックグラウンドでインストールが完了していたのだけど、Mac版は少し方式が違うみたいですね。 そもそも、バージョンがOffice 2011だったりと、同じOffice 365 SoloのサブスクリプションでもOSの違いによってインストールされるバージョンが違うということになります。
Cap 2015-01-11 15.34.33 

ただまあ基本的には、インストーラーの画面に沿って進んでいけばOKぽいです。
Cap 2015-01-11 15.36.03

Cap 2015-01-11 15.37.31

完了。
Cap 2015-01-11 15.39.51

サブスクリプションを有効化する

初回起動画面。 製品版のプロダクトキーを入力するか、Office 365のサブスクリプションへサインインするかを選択できます。
Cap 2015-01-11 15.40.17

今回はすでにMicrosoftアカウントにOffice 365 Soloのサブスクリプションは登録されているので「既存のOffice 365 サブスクリプションにサインインします」を選択。

Microsoftアカウントでサインイン。
Cap 2015-01-11 15.40.56

Cap 2015-01-11 15.41.15

後は通常のOffice製品同様、氏名と会社名情報を入力して…
Cap 2015-01-11 15.44.31

次にOffice for Macを自動アップデートするかどうかの確認。 ここはそれぞれ、お好みの項目を選びましょう。
Cap 2015-01-11 15.44.48

完了!
Cap 2015-01-11 15.46.04

DockメニューにOffice製品が登録されてますね。 しかしこのロゴ、ダサすぎでしょ。
Cap 2015-01-11 15.46.53

まとめ

  • Office 365 SoloではWinとMacで同一のバージョンとはならない
  • Office 365 Soloを登録済みの場合はOffice Onlineにアクセス
  • Mac版のインストーラーをダウンロード
  • Mac版はバックグラウンドのインストールなし(手動)

というわけで、一応インストール手順を追ってみたらWindowsとMacで結構な違いがありましたね。 やっぱり、WindowsとMacでOfficeのバージョンや仕様が違うところが大きいのかな。

ユーザとしてはMac版もWin版も同一のタイミングで同様のアップデートをしてくれるとうれしいのだけど、MicrosoftとしてはなかなかMac本位にはできないのかもなあ。 ま、一般的な利用ができればOKです。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly