【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その13 東京の家族がNZ旅行に来てくれました! クイーンズタウン・ミルフォードサウンド巡り!


はい、こんにちわ。 ニュージーランドノマドツアーレポート、第13弾です。

NZに渡航してこの時点で6ヶ月、半年が経過しております。

今回は半年ぶりに、家族と再開! といってもNZ国内で、です。

東京に住んでいる母と妹が、ニュージーランド、クイーンズタウンに旅行しに来てくれたのですね。

 

よーしお兄ちゃん、NZに詳しくなったから色々と案内しちゃうぞ〜!

…という感じで、クイーンズタウン・ミルフォードサウンドを家族と一緒に巡りました。 前回はチラッと立ち寄っただけでしたからね。

前回のノマドツアーはこちら!

【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その12 Great Walks「ケプラートラック」で雲の上を歩く! | Tipstour

パート1はこちらからどうぞ!

【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その1 ロトルア→ギズボーン 5日間の旅 | Tipstour

スポンサードリンク

関連記事

3/15(木) クイーンズタウンで家族と合流!

前回、ケプラートラックでのハイキングを完遂したぼくは、クイーンズタウンに到着する母と妹をピックアップしにクイーンズタウンの空港へ。

クイーンズタウン空港はこんな感じ

東京からクイーンズタウンへのアクセスする場合、東京→オークランドと経由してクイーンズタウンへの国内便へ乗り継ぐのが通常のルートです。

クイーンズタウンはリゾート地とはいえ地方の田舎町であることに変わりはないので、クイーンズタウン空港の規模も地方の空港程度の大きさです。 迷子になるほどの大きさでもないですよ!

このロビーにて、家族と半年ぶりの再開。

ホームシックになるということは無いのだけど、やはりたまには会って話をしたくなります。

ディナーでNZの貝をいただく!

クイーンズタウン空港でピックアップ後は、クイーンズタウン市内に予約したホテルへ。

時間帯も夕方が近づいていたので、さっそく街中へ繰り出してディナーを食べに行きましょう。

クイーンズタウン中心部は、色んな人達が日々パフォーマンスを行ってます。 こんな変わった人達もいるし、日本人のパフォーマーが居たりすることも!

 

せっかくなのでご当地ビール?をいただくことに!

南島の定番ビール「スパイツ」と、「クイーンズタウン・ブリューワー」です。

こちらニュージーランドのスーパーでどこでも見かける「マッスル」という名前のムール貝。 おいしい。

そしてこちらも有名な「ブラフ・オイスター」

 

そしてNZといえばラム肉! これね!

3/16(金) クイーンズタウン・ワインセラー巡り

おはようございます。 この日は、クイーンズタウン周辺の街を探索しつつ、ワインセラーを巡る現地ツアーに参加してみます。

本日もいい天気。

この旅行中は、ずっといい天気が続いていてとても過ごしやすい日が続いていました。

「普段はもうちょっと肌寒いんだよ!」と言いつつも、説得力なし。 いや、でもとても良いタイミングでニュージーランドに来ました。

そんなわけでクイーンズタウンから少し郊外に車を走らせて、ワインセラーへ。

複数のワインを選んで、試飲できます。

ワインはそんなに詳しくないのだけど、やはり飲み比べると味の違いがわかりますね。 このあたりはニュージーランドワインの名産地です。

ワイン畑もすぐ近くに。

 

バンジージャンプ・発祥の地?

ワイナリーへの道すがらには、世界的に有名なバンジージャンプ発祥の地があるということで、立ち寄ってみることに。

NZのアクティビティは高いのでぼく個人は実際に飛んでみよう! …という気にはならないのだけど、眺めている分には好きです。 タダだしw

川の色がもう独特です。

アロータウン

続いて、クイーンズタウンのすぐ近くの小さな街、アロータウンへ。

このあたりは紅葉がすごく綺麗になるそうですが、この時期(3月頃)はさすがにまだ紅葉には早かった。

それでものどかで良さげな街です。

クイーンズタウンの有名なアイスクリーム屋、パタゴニア・チョコレートのお店もここにありました。

クイーンズタウンの展望台へ

ひとりでNZを巡ってる時はこんなハイペースで色んな場所に行ったりしないのだけど、今回は家族旅行なので特別!w

続いてはクイーンズタウンに戻って、高台の展望台へ登ることに。

この展望台、4年前の2013年にぼく個人で登ったものです。 この展望台へは、ロープウェイを使って登れますよ。

3/17(土) ワナカへドライブ

この日は、クイーンズタウンから少し離れてワナカへと足を運んでみることに。

長距離ドライブになるので、473mlという大サイズのレッドブルで気合を入れるぼく。

カードローナを経由して、ワナカへ向かいます。 その道も、どこもかしこもやはり壮大。

カードローナは過去にも訪問済みでした!

【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その9 オアマル、ワナカ、そしてクイーンズタウン | Tipstour

そしてここがワナカ。

ここも美しいリゾート地ですが、日本では知名度はイマイチなようです。 いい場所なんですが。

 

そういえば、地球の歩き方にも、書いてなかったなあ…。 なぜだ!

 

クイーンズタウン→ワナカ→別ルートでクイーンタウンとドライブ。 合計189キロのドライブでした。 うーん、結構疲れた。

ちなみにこの日、3月17日はセントパトリックスデイというアイルランドの祝日だったそうで、それにちなんだ緑色の帽子をかぶった人達がクイーンズタウンにあふれかえっていました。

特にアイリッシュパブは…ご覧のような大盛況!

同日にはハーレーダビッドソンのイベントも開催していたようで、普段以上のカオスっぷり!

 

3/18(日) 2度目のミルフォードサウンド

翌日は早朝からバスツアーに参加。

観光の名所、定番のミルフォードサウンドへ訪問する、丸一日かかるバスツアーです。

ぼくらが載ったのは、こんな感じで屋根の上がガラスになっていて景色が楽しめるタイプのバス。

 

長い長いバスの道のり

クイーンズタウンからミルフォードサウンドまでは、テ・アナウを経由して向かいます。

なんと片道4時間。 往復8時間です。

 

前回、日本人サイクリストのふたりとミルフォードサウンドを訪問した時はぼくが車を運転していたので、風景を撮影する余裕がなかったのだけど、今回はあくまでバスツアー客として!

心ゆくまで景色を堪能できました。

自分で運転せずに眺める景色は、また別の味があるなあw

前回のミルフォードサウンド訪問のレポートはこちら。

【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その10 4年ぶりのテ・アナウ、そしてミルフォード・サウンドへ | Tipstour

ミルフォードサウンド・クルーズ

さあ、はるばる4時間かけて訪れたミルフォードサウンド。 ぼく自身は今回のNZ滞在では2度目、人生で通算3度目のミルフォードサウンドですw

今回載るのはこのJUCY CRUISE.

JUCYは、NZ国内でよく目にするレンタカー大手です。

前回の訪問ではクルージングはせずに帰ってしまったので、今回は改めてクルージングを楽しむことに。

所要時間、だいたい1時間半のクルーズです。

 

ミルフォードサウンド湾内の滝にも近づけます。

運が良ければ、湾内に生息しているアシカなどを観測することもできたりしますよ!

 

クルーズを堪能したら、また4時間かけてクイーンズタウンに戻りますw

出発が朝7時頃、クイーンズタウンに戻ってきたのが夜7時頃。 合計8時間運転していたバスのドライバーのおじさんには、頭が上がりませんね。

スポンサードリンク

 

ちなみに、今回ぼくたち3人が宿泊したのは「ワカティプ・ビュー・アパートメント」というコテージ風ホテル。

キッチン、シャワー、トイレなどが完備されていて、自由に使えます。

フリーWiFiも用意されていたけど、まあそこはNZのホテルなので、繋がったり繋がらなかったりという感じw

こちらから、予約できますよ

Wakatipu View Apartments

 

そして短いながらもNZ旅行を満喫した母上と妹は、また再び東京に帰っていきました。

ぼくはというと、もう少し、NZ旅行を満喫してから、東京に帰ります。

なんだかんだでちょうど2ヶ月後の5月中旬には日本に帰国することになるのですが、まだNZのトレッキングコースを満足に歩き尽くせてません。

それが終わってから、ぼくは日本に戻ります!

ということで、ニュージーランドノマドツアーはまだまだ続きます。

それでは!

 

 

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly