【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その3 ネイピア→ウェリントン 車旅でウェリントン滞在はハードモードだった話


nznomadtour003_cap-2017-01-07-15-37-18

ぼちぼちなんとか旅を続けられております。 ニュージーランドノマドツアーレポート、パート3です!

ようやく風邪も治りまして、車で南へ、ウェリントンへ向かいます。 ウェリントンからカーフェリーに乗って、南島へと移動予定!

が、車旅でウェリントン滞在は、思いの外ハードモードでした。 同じように北島から南島へ向かおうとしている人がいたら、気をつけて。

※地名の表記を前回までは英語表記にしていましたが、今回から日本語カタカナ表記に統一したいと思います。

前回のノマドツアーはこちら!

【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その2 ギズボーン→ネイピア 風邪でダウンの1週間 | Tipstour

スポンサードリンク

関連記事

12/12(月) 小さな街でレコードショップ発見

ネイピアを出発し、ウェリントンへと向かう。 といっても、ウェリントンまではまだまだ距離があるし、なにより別段急ぐ旅でもないので、いくつかの街を経由してゆっくりウェリントンに向かうことにしよう。

そんなわけで、この日はワイパワ(Waipawa)という小さな町に泊まることに。 泊まったのは「River’s Edge Holiday Park」というホリデーパーク。 なぜか敷地内にアルパカがいたり、周辺はウサギが巣をつくってたりと、妙にのどかな雰囲気。

River’s Edge Holiday Park – Waipawa Accommodation, NZ

 

2016-12-13-15-50-19

2016-12-13-18-06-11

 

このワイパワにて、なんとレコードショップを発見。 60〜70年代のロックが中心なショップで、店主のおじさんいわく「インターネットを使わないローカルショップ」なのだとか。 なのでウェブサイトもなし。

流石にレコードを買って持ち歩くわけにもいかなかったのでここでは何も買わなかったけども、おじさんなかなかいい人でした。 ウェリントンのような大きな街ではなく、こうした小さな街にある…というところに、なぜか妙な感動を覚えてしまったりして。

小さい街ながらもスーパーマーケット(4 Square)はあるし、ガソリンスタンド(BP)もあるし、WiFiの完備された図書館もあるので、意外と快適でした。

2016-12-12-13-28-52

2016-12-11-14-51-59

2016-12-11-14-33-52

2016-12-11-14-33-41

2016-12-11-14-33-36-1

12/14(水) 酒やベーコンを盗まれる

ワイパワに数日滞在し、さらに南へ。

ウェリントンにはまだ直接入らず、アッパーハット(Upper Hutt)という街にある「Wellington’s Kiwi Holiday Park」というホリデーパークに宿泊。

Wellington’s Holiday Park | Kiwi Holiday Parks

 

2016-12-14-15-03-07-1

 

しかしながらこのホリデーパーク、買ってきたばかりのスミノフアイス・4本セットを冷蔵庫にしまっていたところ、そっくりそのまま盗まれるという事態が発生。 さらに翌日には買ってきたばかりのベーコンまで盗まれる始末。 このホリデーパーク、盗人がいるぞ。

今までいくつかのバックパッカーズ、ホリデーパークに泊まってきたけれど、共有の冷蔵庫で食べ物を盗まれるのは始めてだった。 だれが盗んだのかは見当もつかないが、やっぱりいい気分じゃないね。

これを期に、お酒や食べ物などは小出しにして冷蔵庫にしまうようにしました。 ロックできる車もあるので、ここに保管しておく方が安全だ。

12/16(金) ハットリバー・トレイル

ここ最近は車移動ばかりで、しかも運動不足気味だったので、ちょっとばかし付近を散歩がてらハイキングしてみることに。

偶然(?)にも、ハットリバー・トレイルという川沿いを歩けるハイキングコースがこの辺りにあるようで、そこを数キロ歩いてみることに。

ぼくが歩いたのはこの看板の下の部分、「Birchville Bridge」から「Totara Park Bridge」の河原を往復する数キロメートル。 大した距離じゃなかったのだけど、フルに歩こうとするとそれはそれでかなりの時間を要するみたいだったので、今回は散歩程度に。

2016-12-16-11-59-19

2016-12-16-14-15-18

2016-12-16-14-53-31

ハットリバーもゆるやかで河原の広い、おだやかな河でした。 この河原を歩くのだから、そりゃ気持ちいいよね。

12/17(土) ポリルアを経由してウェリントンへ

ホリデーパークをチェックアウトし、いよいよウェリントンへ。

次に予約している宿のチェックインは14時頃、チェックアウトは10時ぐらいだけど車で飛ばせば30分で着くような距離なので、すこし寄り道してポリルア(Porirua)という街へ。

ここも小さな街ですが、ヨットハーバーのある入り江のプチリゾートという感じ。 ウェリントンあたりは意外と海と湾、そして小高い山ばかりで、平地が少なく、それらの山々に家が建っているところが多いです。 ある意味、日本の環境に似てますね。

2016-12-17-10-32-38

2016-12-17-10-34-47

 

そしていざウェリントン。 すごい、ニュージーランドではほとんど見かけることがなかった高層ビルが所狭しと並んでいる。 しかしそれよりもとにかく、運転が怖い!

NZはイメージどおり、交通量も少なくて道が余裕があるので総じて運転しやすかったのだけど、ウェリントンは首都というだけあって、道がとても過密してます。 道幅が狭いし、道路の両脇は路駐だらけだし、人は行き交うし、信号は多いし、道も入り組んでるし。

おまけに、駐車場が高いです。 NZの他の街では有料の駐車場に停めるなんて今まで一度もなかったけれど、ここでは有料の駐車場しかありません。 1泊30〜70ドルくらいかかります。 ひぇ〜。

2016-12-17-14-15-52

2016-12-17-14-16-59

 

今回はちょっと奮発して、「Gilmer Serviced Apartment」というホテルに宿泊。 ここ数日はずっとホリデーパークで車中泊続きだったので、すこしぐらい贅沢してもいいよね。

Gilmer Apartment Hotel – Agoda

2016-12-17-15-29-22

2016-12-17-15-29-48

12/18(日) 強風のウェリントン

前回ネイピアで出会ったMattias君もウェリントンに滞在中だったようで、待ち合わせして2人でウェリントンの美術館を見に行ってみた。

ウェリントン美術館は無料で入館できるうえに、規模もかなり大きい美術館です。 ロトルアの美術館の5倍ぐらい大きかったような。

また、この日は日曜日で、美術館の隣では野菜や果物のマーケットが開催されてました。 各国料理の屋台なんかもあったりして、インドネシア料理の屋台を見つけたぼくはたまらずナシゴレンを注文。

この日は凄まじい強風で、なかなか外を歩くのも辛かったのだけど、ウェリントンの風が強いというのはどうやら当たり前のことらしい。 それでも、台風の前日みたいな強風だったのだけど、ホントにこれが日常茶飯事なのだろうか?

2016-12-18-09-28-21

2016-12-18-09-28-32

2016-12-18-09-43-21

2016-12-18-09-51-21

12/19(月) ビクトリア・ルックアウト

翌日もまあまあ風は強いものの、わりかし晴天。

ウェリントン市街地から歩いて30分ほどで、ビクトリア・ルックアウトという展望台にたどり着けます。 ウェリントンが一望できるので、人気のスポットですね。 車でも行けるみたい。

2016-12-19-12-28-37

2016-12-19-14-01-07

2016-12-19-14-55-03

2016-12-19-15-06-58

12/20(火) ウェリントンの駐車場高すぎる問題

ウェリントン市街地の駐車場に駐車していたら、なんと1晩で70ドルも取られてしまった。 ぼくの宿泊費より高いよ! これなら、車中泊した方がまだマシだったかもしれない。

…と、失意のうちにウェリントンから一時脱出。 下手に運転しても大変なので、少し離れたパトーニ(Petone)という街へ避難。 ここはわりかし平和だし、フリーの駐車場もあるし、風景もキレイだ。

2016-12-20-09-32-58

別にウェリントンに留まる必要はないのだけど、21日に南島に渡るフェリーのチケットを1週間前から予約していた関係で、それまでは周辺にいないといけなかったのだ。 ウェリントンの駐車の困難さを知っていたら、当日ぐらいにウェリントン入りしていたかもしれない。

 

まあ、そんなこんなで戻ってきたウェリントン、レストランはとても豊富でお店も多いので、2ヶ月ぶりくらいに日本食を食べることに。 「TJ Katsu」というカツ定食系のお店に入ってみた。

頼んだのはチキンカツ。 白米・サラダとカツ、そして味噌汁が付いて14ドル(1100円ぐらい)という感じ。 想像していた以上に美味しくて、日本食ロスしていたぼくの身体にはとても効いた。 ウェリントンに来たら、ぜひどうぞ。

TJ Katsu – Trip Advisor

2016-12-19-14-47-23

2016-12-20-18-56-10

12/21(水) いざ、南島!

そうこうしているうちに21日。 いよいよ、南島に渡ります!

今回使ったフェリーはインターアイランダーのカーフェリー。 年末というピークシーズンだったからか、24,000円ほどかかってしまった。 けっこうな出費。

こんな感じで車を並べて、順々にフェリーへと入っていきます。 フェリーの中は豪華で広い。 ここから2時間ほどすると、もう南島です。
2016-12-21-13-07-36

2016-12-21-13-47-18

 

写真や動画を取り終えてウトウトしていたら、周りの景色がフィヨルドっぽくなっていた。 南島のクイーン・シャーロット・サウンドというフィヨルド地帯を抜けて、ピクトンという街に停泊します。 北島ではあまり見かけなかった風景なだけに、否が応でも期待が高まる。 「ようやく、南島に来たんだ!」と。

2016-12-21-17-12-37

 

ピクトン港に停泊して、いざ南島に上陸! …と思ったら、車のバッテリーが上がってエンジンがかからないというトラブルが。 なんとかスタッフさんに助けてもらって、情けなくも南島の地を踏むことができました。

スポンサードリンク

 

もともとは南島に降り立って、時計回りに南へと向かう予定だったのだけど、数週間前の南島の地震によってカイコウラ(Kaikoura)へのハイウェイが閉鎖されてしまっているようです。

仕方ないので西方向のネルソン(Nelson)という街に向かうことにしたいと思います。 仕方ない、とか言いつつ、なんだかんだでネルソンが快適で、もう2週間以上滞在してしまったのですが。

それではまた、次回!

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly