ニュージーランドのワーホリビザの申請が承認されました! 10月から行ってきます


NewZealandWorkingHolidayVisa_Cap 2016-07-19 10.08.43

かねてからワーキングホリデーでニュージーランドに1年間滞在予定!ということをTipstourで語っておりましたが、先日申請したワーキングホリデービザが承認されました。

そういうわけでようやく今年の10月から実際に渡航する準備が整いましたので、ご報告までに。

 

思えば、下記の記事を書いてから丸1年近くが経過してます。

【報告】8月に仕事を辞めて、ワーキングホリデーに行くことにしました | Tipstour

それからずいぶん時間が経ったな!? という気がしないでもないのだけど、この一年間も色々とブログに専念したり取材旅行をしたりと、案外忙しく活動していたのですよ。

(もちろん、無理のない範囲でね…w)

スポンサードリンク

関連記事

ワーキングホリデービザ

一応振り返っておくと、ワーキングホリデー制度は協定を結んでいる二国間で、30歳までの若者が現地に一年間の滞在可能になるというビザのことです。

詳しくは下記の記事でまとめていたので、興味がある方はこちらをどうぞー。

僕が来年行く「ワーキングホリデー」とは何か、何ができるのかをまとめます | Tipstour

 

ワーホリビザ取得の条件はけっこう簡単

ちなみに、ワーホリビザを取得する条件ってそんなに難しいこともなくて、下記の6つの条件をクリアーしていればだいたい問題なく承認されるようなのです。

  • 18歳以上 31歳未満であること
  • 日本のパスポートを所持していること
  • 滞在費、および帰国のための航空券が購入できる資金を所持していること
  • 健康状態(精神含め)が良好であること
  • 子供を同伴しないこと
  • 過去にニュージーランドのワーキングホリデービザを取得していないこと

ここでネックになるのはきっと年齢制限の部分でしょうね。 若いうちからワーホリに行こう!と考えていれば、まあ大抵は承認されると考えて良いかなあと。

逆に言えば、31歳を超えてしまうと、ワーホリに行くことは不可能になります。 後から後悔するぐらいなら、仕事を辞めてでも行ってしまえ! というのがぼくの考え。

現地に行ってからのプランは…

仕組みについては、とりあえずいいでしょう!

ぼく個人の現地でのプランですが、正直言うとほぼ白紙です。

 

バックパッカースタイルで1年間かけて国中を周るのが主目的ですが、それだけだと1年間もかからずに達成してしまいそうなので、もう少し色々とワーホリ期間中にしかできないことを、やってみるつもりです。

とりあえず漠然と考えているのは、こんな事をしたいなと思ってたりしますよ。

  • 時間を掛けて北島・南島をくまなく巡る
  • 中古のキャンパーバン(キャンピングカー)を買って旅をする
  • 国営のトレッキングコース「グレートウォーク」9つを全て歩く
  • 現地でも時々働きつつ、今のWebの仕事は継続する
  • ニュージーランドで見たこと・やったことをTipstourに書いていく
  • ニュージーランドで見たこと・やったことをYouTubeチャンネルにアップしていく

スポンサードリンク

 

もちろん現地では自由に動き回るつもりなので、ぼくの滞在期間中(2016年10月〜2017年10月)にニュージーランドに旅行に行こうかな…と考えている人は、ぜひ声をかけてください。

案内…というほどじゃないけれど、色々紹介とか手伝いとか、できると思います。

それでは!

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly