iTunesを更に便利に使いこなす4つの小技とフリーツールまとめ(2014/09版)


itunes_4tips_2014-0908-211221

(Photo by maury.mccown)

iPhoneやiPadユーザには欠かせないどころか必須なツールであるiTunes. これをもっと便利に使いこなすテクニックやフリーツールをまとめてみました。

どちらかというと結構iTunesの仕組みに踏み込んだ、細かいテクニック寄りな感じです。 かゆい所に手を届かせたい一心から見つけてきたTipsです。 ご参考ください。

スポンサードリンク

 

1.勝手にジャンル名が日本語に書き換えられるのを無効化

2013-0707-144247

iTunesを使ってるうえでちょっとイラッとくるのが、ジャンル名を勝手に日本語に書き換えてしまう機能ですよね。

例えば「Jazz」となっていたジャンル名が音楽を再生すると「ジャズ」に書き換えられてしまう動作です。 これ、うっとうしいんですよねー!

この機能を無効化する方法をまとめました。 気になっている人は、設定してみてください。


iTunesが勝手にジャンル名を英語から日本語に書き換えるのを無効化する方法 | Tipstour

2.iTunesだけで音楽ファイルの形式を変換する

2014-0721-202253

かつて、音楽ファイルのmp3やWavを別形式に変換するには専用のツールが必要でした。

が、iTunesでは実は一般的な形式の音楽ファイルへはiTunes単体で変換が可能なのです。 その方法について。


iTunes単体でWAVやMP3など色々な形式に変換する方法 | Tipstour

3.アートワークをインターネットから検索して登録してくれるツール

2013-0530-211440

アルバムのアートワーク、きれいにまとまっていれば格好いいんだけど、これ登録しようとすると結構めんどくさいですよね。

そこで見つけてきたのがこの「Lightway」というフリーソフトなんですが、インターネットから画像検索をしてくれて、アートワークを登録してくれるというツールです。 これがあればアートワークの充実させるのもだいぶ楽になりますよ。


iTunesのアートワークをネットから自動検索してそのまま登録してくれるというツール『Lightway』 | Tipstour

4.音楽ファイルのパス(置き場所)を一括変更する

2014-0429-073150

音楽ファイルの保存場所を変更したりすると、iTunesで読み込めなくなってしまう場合があります。 これ、iTunesのDB内に音楽ファイルのパスが保存されているからで、このパスを変更してあげないといけないのです。

もし、一括でパスを変更したい! という場合があれば、このTipsを参考にしてみてください。 実際に一括パス変更を実施した経緯と方法について、まとめてます。


iTunesの音楽ファイルのパスをXMLファイルから一括変更する方法 | Tipstour

まとめ

基本的な使い方については、iTunesはメジャーなソフトなのであんまり詳しく説明をする必要はないのかなーと思ってたりします。

ただ、幅広く使われる割にかゆいところに手が届かない仕様なことが多いので、うまくカスタマイズして使いこなす方法についてはもうちょっと紹介していきたいなー、という感じです。

特にプレイリスト管理まわりの操作性は結構やり辛いところがあったりするので、その辺を更にカスタマイズできるアドオンとかあればいいんですけどねー、どうでしょう、誰か作ってくれないかなあ(願望)

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly