MinibirdサーバのWordPress管理画面への海外アクセスを許可する方法


Cap 2016-03-17 6.50.59

海外旅行/滞在時の備忘録として、おいておきます。

TipstourはMinibirdサーバを使ってますが、Minibirdではセキュリティとして管理画面への海外IPアドレスからのアクセスを制限する機能がデフォルトで有効になっています。

WordPressの管理画面へのアクセス制限なので必然的な措置といえばそうなのだけど、海外旅行中に更新しようとしたり、海外に長期滞在する…というような場合があると困り者。 管理者である自分自身もアクセスできなくなってしまいます。

ということで、海外アクセス制限を許可(無効化)する方法についてです。

スポンサードリンク

関連記事

海外からアクセスしようとするとこうなる

実際にWordPressの管理画面へアクセスしようとすると、こうなります。

Cap 2016-02-10 20.01.59

実際にアクセスが制限されるのは「wp-adminフォルダ」「wp-login.php」の2つ。 それ以外は通常通りアクセス可能でした。

この画面上に既にアクセス拒否の理由は記載されているので、それほど混乱しないと思います。 直接リンクはありませんが、Minibird、ネットオウルのサーバ管理ツールから設定変更が可能です。

アクセスを許可する方法

そういうわけで、自分のサーバの管理ツールへアクセスしましょう。

左側メニューから「WordPressセキュリティ設定」を選択。

Cap_2016-03-10_9_16_41

すると「国外IPアクセス制限」の「ダッシュボード アクセス制限」という項目が出てきます。 この設定が、さきほどの管理画面のアクセス拒否をするかどうか、の設定画面になるわけですね。

Cap_2016-03-10_9_16_57

あとはこの画面上の「有効化する(確定)」もしくは「無効化する(確定)」を選択して、設定を変更すればOK。 改めて管理画面へアクセスすれば、海外からでも利用可能になっているはずです。

Cap 2016-03-10 9.17.19

有効状態と無効状態

有効状態と無効状態の違いですが、下記の通りです。 デフォルトは有効になっているはず。

  • 有効:海外IPから管理画面へのアクセス不可
  • 無効:海外IPから管理画面へのアクセス可

通常時は有効に戻しておいた方がよさそう

海外滞在時は無効化するのもやむなしですが、日本国内に居る間は元の有効状態に戻しておくほうが良いと思います。

何よりセキュリティのためだし、海外からの不正アクセスの方が圧倒的に多いことは間違いないですからね。

スポンサードリンク

 

余談だけども、Minibirdのサポートページはけっこうあっさりしていて欲しい情報があまり掲載されていなかったりするのだけど、サポート窓口に問い合わせると結構すばやいレスポンスで回答をしてくれるので、かなり助かります。

Minibird関係については悩むよりも聞くが易し、という感じですねw



 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly