特定の単語について調べたいときは、『とは』を入れると答えにたどり着きやすくなる


google2b

ちょっとした小ネタ。

ある単語について調べたいときに、
単純にそのキーワードで検索した場合でも問題なくそのキーワードの
説明されたページにたどり着くことが出来ますが、
場合によっては説明ではなくもっと詳しい詳細を語ったページが上位に出てきたりと
すんなり到着出来ないことがあったりします。

そうした場合に、キーワードのラストに『とは』
という単語を入れてあげると、それだけで説明のページへの
ヒット率が上がるようになる、ということがあるようです。

実際に、検索ワードを入力してサジェストされる文面を見ると
「○○ とは」というものが出てくるのを見るに
とは検索という手法は一定数あるのだろうなあという感じがします。

これ、別にGoogleが公式に言っているわけではないようですが、
意外と常識らしいのでご紹介してみました。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly