• Google
    新しいGoogle Mapの動作重過ぎィ! とりあえず元のMapに戻す方法を調べてみたよ。
    2014年3月5日
  • Excel
    【Excel】オブジェクト間を直線コネクタでつないだときに起きる微妙なズレを調整する方法
    2012年7月12日
  • Windows
    ファイルパスをコピーして、ファイルを開く最短ショートカットキー
    2013年7月30日
  • Windows
    【Windows10】デスクトップ上にマイコンピュータを表示する2つの方法
    2015年7月28日
  • Webサイト
    なにやらInstagramで流行っている『今年一番いいね!を貰った写真まとめ』を僕もトライしてみたよ #memostatigram
    2013年12月29日
  • Excel
    【Excel】勝手に消えてしまう先頭の「0」をそのまま表示させる方法
    2015年4月24日
  • Windows
    Windows Server 2008 R2のSP1インストール方法が分かり辛かったのでメモ
    2013年8月12日
  • ニュージーランド
    ニュージーランドのワーホリビザの申請が承認されました! 10月から行ってきます
    2016年7月25日
  • Windows
    【Windows10】キーマッピングツールを使ってキーコンフィグする方法
    2017年8月25日
  • Windows
    無料でPCのデータを安全に完全消去する方法! フリーソフト「Wipe-Out」の使い方と所要時間まとめ
    2017年6月25日
  • iPhone
    Splashtopを使ってiPhoneからWindowsPCへリモート接続してみる
    2015年10月4日
  • Excel
    【Excel】空白セル列を一発削除する方法
    2015年11月6日
  • Mac
    MacにてShiftを押しながらアルファベット入力出来る様に設定変更してみた。
    2013年12月23日
  • その他
    もうひたすら暑かった、2013年6月、台湾を台中→台北と観光(お仕事)してきた際のお話
    2013年7月20日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その2 ギズボーン→ネイピア 風邪でダウンの1週間
    2017年1月11日
  • Excel
    【Excel】グラフの折れ線をなめらかに表示する方法 (Windows版)
    2018年2月5日
  • Windows
    タスクマネージャを起動するショートカットキー
    2013年11月24日
  • 食べ物
    美しい海岸と美味すぎる塩プリンが最高な福岡・糸島の製塩所 「またいちの塩」に遊びに行ってみたよ
    2015年12月22日
  • ニュージーランド
    【NZ】ロトルアの「週末になると自然に中古車が集まってくる広場」に行ってきた(動画あり)
    2016年12月4日
  • Excel
    【Excel】「20150325」という数字の羅列を日付フォーマットに直す方法
    2015年4月11日
  • Excel
    【Excel】指定したセルが特定の月かどうかを判断するIF文
    2015年5月30日
  • フィリピン
    マニラ・マカティに安く宿泊するならドミトリー「MNL Boutique Hostel」が安くて雰囲気も良いですぞ
    2016年3月26日
  • 旅行
    有効期限切れ直前のマイルを無駄にしたくないなら「ANAスカイコイン」に交換するが吉
    2015年10月22日
  • Windows
    【Windows10】通知サウンドを鳴らさないようにする方法
    2015年8月8日
  • Windows
    【Windows10】ファイルをごみ箱に入れずに即削除する3つの方法
    2018年1月25日
  • フィリピン
    フィリピンではスギによる花粉症の心配なし! 代わりに気を付けるべきことは…
    2016年2月20日
  • アイテム
    ロジクール製キーボード『K810』のファンクションキーが通常のキーボードと同じように押せるように設定変更してみた
    2014年2月25日
  • アイテム
    GoPro Session 開封の儀(動画あり)
    2016年7月6日
  • Windows
    Windows7の修復をしたくてもリカバリディスクが手元にない場合…こっそりダウンロードしてみよう
    2013年8月19日
  • フリーソフト
    超愛用して早5年! インストール無しでも利用可能で動作も軽快な画像編集ソフト「PhotoFiltre」
    2014年3月22日

kindle001

去年から精力的に読書を始めてますが、結局紙の本よりも電子書籍が手軽だし便利だしでほぼ2:8ぐらいの割合でKindle電子書籍で本を読む毎日です。

Kindleで活字を読んでいる人々に、これだけはやっておいた方がいいとおススメしたい機能があるので紹介しておきます。 「Kindleハイライト」という機能の話です。

スポンサードリンク

関連記事

やるべき操作は「ハイライトを付けること」

Kindleにて本を読むうえでやっていくべきなのが「気になった部分にハイライトをつけること」です。

いうなれば紙の本でいう、マーカーをひくのと同じことを、Kindleでもやってあげるということです。

後から気になったポイントを見返すことが簡単になる

文書をコピーする際のようにドラッグで選択するだけで、ハイライトできます。 このハイライト、ネットワークを通じてクラウドで他端末やWeb上で同期してハイライト部分を保存できます。
2014-11-25 19.32.12_s

つまり、iPhoneでハイライトした部分をiPadやKindle端末自体で後からチェックすることも可能、ということ。

紙の本の場合はマークした部分を探すのには本を開きなおしてどこにマークしたかを目で確かめていかないといけないものだけど、Kindleの場合はハイライトでマークした部分のみを一覧表示することができます。
2014-11-25 19.30.31_s

紙の本と比べると、格段に手軽さが違います。

Web上からも見返せる

実はこれ、Amazonのサイト上でも自分がハイライト設定した文章を確認することができます。
2014-1125-193345_s

Kindle Highlightというそのまんまのネーミングですが、ハイライトされた部分がすべて自動でこのサイト上にコピーペーストが可能なテキスト状態で表示してくれるので、後から見直そうとしたり引用しようとする場合に役立ちますよ。

Kindle Highlightは、こちらからどうぞ。 (サインインページが表示されます。)

Your Highlights - Amazon Kindle

ハイライトを付けるべき理由

ハイライトを付けて読むことを習慣づけておくだけで、後から本の内容を呼び起こす必要があった際に、情報を探すのが格段に簡単になるからです。

ただ漠然として本を読むよりも、自分が気になった部分や、後から参考に出来そうな部分、逆に同意できない部分に知らなかった部分など、ちょっとしたことでもハイライトを付けておくことが重要です。

これ、気になったページをとりあえずEvernoteでクリップしておくのと、似たような利点がありますね。 いつでも確認できるように情報を保存しておくということは、その場その場ではあまり意味がなさそうでも後々になって大きな意味を持ってくることが多いです。

EvernoteのWebクリップ機能をどんどん使った方が良い15の理由 | Tipstour

本のレビューを描くのにも役立つ

ハイライトをつけるのは、後から書評を描くときにも使えます。

Webページ上のハイライトからコピーペーストするだけで引用できるので、わざわざ本を開いて一字一句 手入力をしていく必要がなくなります。 すごくあっさり引用できるので、拍子抜けしてしまうぐらい書評を描くのが楽になりますね。

 

僕が以前読んだ「読書はアウトプットが99%」という書籍では、アウトプットするべき項目として3つのポイントがまとめられてました。

「何が書いてあったか」「そこから何を学んだか」「それをどう活かすか」…この3つのアウトプットを楽に実行するにはKindleのハイライト機能はかなり有用です。

【読みました】これから書評を書いていこうと思うので『読書はアウトプットが99%』を読んでみた | Tipstour

スポンサードリンク

 

まとめ

  • Kindleハイライト機能で気になった部分にマークできる
  • ハイライトした部分は別のデバイスに同期され、確認可能
  • Web上からもハイライト部分を確認&コピーペースト可能
  • 気になった部分をどんどんハイライトしておくことで後から確認すること容易になる
  • 書評を描くときや、引用したいときに便利

こうしたマーク機能、おそらくは他の電子書籍サービスにもある機能のひとつだと思います、たぶん。

電子書籍のメリットは、本を実際に持ち運ばなくてもいいだけじゃなく、クラウドで同期してさらに便利に本を読んで、記録できることにもありますね。 Kindleで活字を読んでいる人は、ぜひ電子書籍のメリットを最大限に活用するようにしてくださいませ。

それでは!