11月9日から鹿児島ノマドツアーに行ってくるので「鹿児島県の山」を買ってきたよ


2015-11-04 14.01.58

鹿児島県の山といっても本物の山じゃあないぜ!

はい、紛らわしい話ですが「鹿児島県の山」という書籍を購入したよ〜、というお話です…。

以前にも書いた通り、今月から1ヶ月ほど、鹿児島県の実家(おばあちゃん家)に滞在して薩摩半島・屋久島・種子島を周遊する予定です。


無人になった鹿児島の実家に1〜2ヶ月滞在して鹿児島ノマドしようと思っている話 | Tipstour

とりあえず現地からもブログの更新は続けます。 色々と地元の観光資源を紹介して回りたいと思ってますのでお付き合いくださいな。

そういうわけで山登りも好きな人間なので、改めてこんな本を買ってみたりしたのです。

スポンサードリンク

関連記事

鹿児島県の山

都道府県密着の山情報ならこのシリーズ

山情報を取り扱っている書籍は文字通り山のようにあるのだけど、各都道府県に密着して山の情報をまとめているのはこの「分県登山ガイド」シリーズだけです。

これはもちろんそのシリーズのひとつ、あくまで鹿児島県の山の情報に特化したものです。 その県に住んでいる人だったり、その県に長期滞在するような人じゃないとあまり必要性を感じないタイプの書籍かもしれないですね。

とはいえ、ある都道府県に限定しているだけあって、情報量は濃ゆいです。

有名所の詳細地図であれば「山と高原地図シリーズ」が有名で便利だけど、こちらはそれらの地図で取り扱わていないような、言ってしまえばマイナーな山やルートも紹介されてます。


山と高原地図|商品サービス一覧 – 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社

写真も結構ふんだんに使われてますよ。
2015-11-04 14.02.39

それ以外にも詳細な地図や、高度図、登山に適した季節などの情報も山ごとに解説されてます。
2015-11-04 14.02.59

とにかく、特定の都道府県で登れる山にどんなものがあるかを調べて、また実際に登りに行く! という計画があるのであれば購入してしまっても損はないはず。

 

あ、ちなみにこのシリーズ、図書館にもよく蔵書が置いてあるので、そこで借りて読むというぐらいでもいいかも。 実際に行く際は、買って置いたほうが返す期限とか考えなくて済むのでラクです。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly