赤ん坊の泣き声にも耐えうる防音性能 ぼくの考えた最強の耳栓組み合わせを教えましょう


Cap 2014-12-07 10.30.51

僕は騒音に神経質な性質なので、飛行機などの移動中に赤ん坊の泣き声が聞こえるとどうしても眠れなくなってしまうんですよね。 電車とかなら座席を変えればなんとかなるんだけど、数時間にわたって決められた席に座らないといけない飛行機って基本的に逃げ場がないじゃないですか。 我慢力が足りてないんです。

そういった騒音に悩まされることが多いので、一番良い遮音方法をためしてきました。 んで、そのトライアンドエラーの中で一番使える組み合わせを発見しましたので紹介しておきます。

僕と同じように、神経質な方々必見。

photo credit: Tree Leaf Clover via photopin cc

スポンサードリンク

 

最強の組み合わせ

僕の提案する最強の組み合わせがこれ。 「MOLDEX製の耳栓+イヤーマフ」です。

MOLDEX製の耳栓は防音性能の単位である、NRR33という最高性能の耳栓をチョイスしてます。 米軍が採用しているという触れ込みの耳栓で、それだけで防音効果の高さが伺えます。 実際、オフィスでの耳障りな独り言なんかは、この耳栓だけで全く聞こえなくなります。

このMOLDEX製耳栓にプラスして、イヤーマフを被せるのが最強の防音です。 このイヤーマフはNRR30ということで、耳に耳栓して更にこのイヤーマフを被せることでダブルシャットアウトできる、というわけですね。

実際に飛行機の中で使ってみた

Cap 2014-12-07 10.32.57

photo credit: kevin dooley via photopin cc

先日のオーストラリア旅行で、実際に飛行機の中で使ってみました。 まさしく、目の前の座席に赤ちゃん連れの乗客が乗り合わせたということもあったので絶好の実験環境。 試してみました。

結果としては、かなり音量は抑えられたものの、完全なシャットアウトまではいかなかった、という感じです。

全く完全にシャットアウトというところまでは残念ながらいかなかったけども、ほとんど気にならない程度には聞こえなくなりました。 むしろ、注意深く聴こうとしない限り聞こえないぐらいの音量というところ。

僕の感想としては、この組み合わせなら赤ん坊の泣き声にも耐えうるレベルで遮音できるので有用だと感じました。 これ、オススメできます。

スポンサードリンク

 

環境音をかぶせてわずかな騒音もシャットアウト

イヤーマフとして、遮音性の高いスピーカーを耳栓に重ねて使ってみるのもいいかもしれない。 そこで小音量で何か被せるように音を流せば、おそらくかすかに聞こえるぐらいの騒音は、もうほぼ気にならないはず。

川の音や海のさざなみ、雨の音などの環境音をただ再生するだけのアプリ「White Noise」が個人的にオススメです。

White Noise Lite: Relax. Sleep. Better.
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, 仕事効率化

寝るときにも使える

この組み合わせ、睡眠時の布団の中でも使えますよ。

ただやはりイヤーマフ部分があるせいで寝返りは打てなかったり、慣れてないと締め付け感があるので頭が痛くなったりするんですが、イヤーマフを装着する上ではさすがにしょうがない部分であるといえますね。

実際に近所でバカ騒ぎしている外人がいたときに使ってみたりしましたが、神経質な僕でも入眠できるぐらいにはシャットアウトできてましたね。 とりあえず必要十分でしたよ。

まとめ

  • 最強の耳栓の組み合わせは「MOLDEX+イヤーマフ」
  • 赤ん坊の泣き声もほぼシャットアウト
  • 眠るときにも使えるが、寝返りしづらい

話し声と違って、赤ん坊の泣き声ってどうしても注意して解決できる問題じゃないのがつらいところ。 こうした騒音から身を守る(大げさ?)には自衛するしかないんですよ。 完全防音の耳栓が発明されれば嬉しいんだけど、そういう画期的なものないですかね。 NRR60! みたいな。

耳栓の関連記事


職場に独り言のうるさい人が居るので米国製の耳栓を導入してみた | Tipstour


職場の雑音は耳栓で積極的にシャットアウトしていくべし 周りは意外と誰も文句を言わないよ | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly