IKEAの家具を買おうと思った時に注意しておくべき4つの事項


ikea_5checkpoint_2014-0920-113324_s

はいこんにちわ。 来年ワーホリでニュージーランドに行くために8月末で仕事を辞める予定のやまぶきです。

Expeditシリーズを中心として、僕の家でもIKEA家具を結構多用してます。 日本国内にも8箇所、IKEAストアが展開されていて、日本国内でもどんどんIKEA家具を手に入れられる機会が多くなりそうですね。

新しくIKEA家具を購入したいなと思ったら、気にしておくべき4つの事項があります。 日本の家具販売サービスと少し勝手が違うところがあるので、その違いを認識しつつ、購入するかどうかを考えてみた方が良いと思いますよ。

その4つのチェックポイントをまとめました。

スポンサードリンク

 

1.IKEAは通販を行っていない

IKEA家具を欲しいと思ったら、ネットで注文をすれば家まで届けてくれる…と普通は思いがちですが、実はそれは間違い。 IKEAでは公式にWebでの販売や通販は行っていないのです。

国外だと、国によってはIKEA Online Shopという形でWeb販売を行っているんですが、どうやら日本国内では2014年9月現在、まったく行っていないというのが現状です。

そのため、基本的にはIKEAの店舗を訪れて、自分で購入する必要があるということです。

追記 (2015年6月)

2015年6月、IKEAより今後は公式にてWeb販売、宅配サービスを行うという報道が飛び込んできました。

実際にはまだ開始されていないようですが、期待大です。


IKEAが公式で宅配サービスを開始へ! ついにこの日が来たか | Tipstour

2.自分で運ばないと、配送料が高くつく

2014-0920-110751_s

IKEAの家具は、本体価格は非常に安いです。 が、家具を購入して自宅に配送を依頼すると思った以上に配送料が高くつくということにも注意です。

どれぐらい高くつくかは家具にもよりますが、Kallaxのような大型書棚やベッドを配送してもらう場合、本体価格と同じぐらいの配送料がかかることもあります。 単純計算で2倍の料金になることも。 恐ろしい…。


イケアのサービス | 宅配サービス – IKEA

つまり、IKEA家具は自家用車を使って自宅まで持って帰る、というのが前提になっているということですね。

購入代行サイトを利用すると安上がり

前にTipstourで紹介しましたが、購入代行サイトを使うと、本体価格よりは多少値が上がるものの、かなり安上がりで自宅まで配送してくれるサービスを行ってます。

まあ、非公式なサービスですが、非公式だから問題があるというわけでもないので、自家用車を持っていない人はこういったサービスを使ってみるのが吉かもしれないですよ。


車が無いけどIKEA家具を購入したければ「購入代行サービス」がオススメですよ | Tipstour

3.店舗から家具のピックアップは自分でやる必要がある

2014-0920-113115

実店舗に購入しに行った際に気にするポイントがもうひとつ。 IKEA店舗内は非常に広く、組み立てが必要な家具は専用の倉庫のような置き場があります。

購入する際は、この倉庫から自分でピックアップして、レジまで運ぶ必要があります。 もちろん台車はありますが、家具のパッケージを持ち上げて台車に載せるのは自分でやります。

このピックアップも、IKEAにお願いすれば代行してくれますが、もちろん有料なのであしからず…。

4.組立説明書がかなり抽象的なのでわかりづらい

さて、IKEAの家具の安さは組み立ても自分でやるからこその価格となっているわけですが、この組み立てについてもちょっとしたクセがあります。 というのも、組立説明書、マニュアルがかなり簡単なものしかないのです。

良く言えば「シンプル」悪く言えば「説明不足」な感じの組立説明書しかありません。 最終的には「わからなかったら電話で聞いてね」という絵が描かれています。
2014-0920-105358_s

2014-0920-105433_s

普通なら絵を見れば大体の作業はわかるんですが、人によってはちょっと不親切に感じるかもしれませんね。 あんまり多言語用の詳しいマニュアルを用意せず、コストを下げているのかな。 組み立てに不安のある人は要注意です。

まとめ

  • 本体価格を安く抑える分、サービスを省いているものが多い
  • 配送料はかなり高いので要注意!
  • 購入前に、自分で全部やるのか、サービスを依頼するのかを決めること

僕はシンプルで機能的なIKEA家具のコンセプトが好きなので、やっぱりIKEA家具を使いたいなっていう気持ちがあるんだけど、こうしてリストアップしてみると、結構不親切ですよね(笑)

DIYという精神に基づいてのサービスなのでしょうが、日本特有の至れり尽くせりサービスと比べるとなかなか差があるなと感じるところでもあります。 至れり尽くせりにしすぎると結局サービスの値段が跳ね上がるので、どちらが良いかというのは一概には言えないですけどね。

繰り返しになりますが、購入代行サービスはこういった難点をほどよくクリアーできるので、「自分でどこまでできるか」「予算」を天秤にかけて、お願いするのかどうかを検討してみる必要があると思います。

スポンサードリンク

 

IKEAの関連記事


IKEAのExpedit風 (Kallax風)な家具をAmazonで発見したよ | Tipstour


IKEA店舗にてExpeditとKallaxをサイズ比較してみた | Tipstour


IKEAのExpeditを解体→引越→再組立。 一緒に新居へ持っていきました。 | Tipstour


Expeditシリーズ販売終了へ! いつ頃まで販売されるのか? IKEAに直接聞いてみた結果…! | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly