小さな部屋には効果バツグン もう通常の掃除機が必要ないくらいに小型掃除機が捗りすぎてヤバイ


2013-1229-095538

大掃除の季節です。

僕もぼちぼち、大掃除せねばなということで今日あたり始めようと思っていますが、僕の部屋は狭い、というよりちょっと変わった形(真四角じゃない)なので、掃除機をかけるのもちょっとした苦労なんですよね。

結局、細かいところの掃除をするために物を移動しないと…なんて事態になったりします。 仕方ないといえば仕方ないんですけど、結構めんどくさい。

そんなときに意外と捗ってすげえ! ってなったのが、小型掃除機の存在です。 これ、小型なだけあってかゆいところに手が届きます。 そんな機器についてご紹介。

スポンサードリンク

 

小型掃除機の利点

1.細かいところを掃除するのに便利
ザ・これぞ小型掃除機の利点ですね。 通常の掃除機ではノズルが入らないような場所でも、結構気軽に掃除出来ます。 家具の間のスキマに挟まってるホコリなんかを、小型掃除機で吸い取れるだけで、とりあえず大掃除した気になれますよね。

 

2.小さい空き時間にちょっとだけ掃除も可能
掃除機を取り出していざ掃除を! というのが意外にも結構めんどくさくて、結局掃除が捗らず…というのが結構あります。 僕の話ですけど。

小型掃除機を、すぐ手の届くところに配置しておけば、ちょっと気になったときや小さな空き時間なんかにちょっと気になったホコリなんかをお掃除出来ます。 ここも結構大きな利点の一つ。

 

3.机の上も掃除出来る
机の上や高い場所、ここに掃除機のノズルを届かせようとするとだいぶつらいです。 小型掃除機は、自分が手の届く場所でさえあれば、机の上でもタンスの上でも食器棚の上でも、どこでも掃除することが出来るというメリットがあります。

ホコリってやつは神出鬼没なので、本当にどこにでも降り積もります。 机の上も掃除機で気持ち吸い取れると、ちょっと楽になります。

 

4.粉をこぼした時に使える
コーヒーの粉末、塩、砂糖、コショウ、ミロ、プロテイン、クレイジーソルト…

とりあえず、どんな粉末もこぼしてしまうと結構掃除が面倒で、雑巾なんかを用意しないと結構綺麗に処理出来ないですよね。

そんなときに小型掃除機! こいつがあればこぼした粉末はササッと吸い込めます。 わざわざ雑巾でふき取る必要も、ない。

 

5.PC類のファンのホコリ除去にも使える
これも地味にうれしい利点。 デスクトップPCを使っていると、ファン部分に徐々にホコリがたまってきてしまいます。 こういうホコリも、雑巾でふき取ったりも出来るけど、小型掃除機でも結構綺麗に吸い取れます。

デスクトップPCなんかは、結構掃除機のノズルの届きづらい場所に置いてたりすることもあるので、小型掃除機で吸い取れると捗ります。

オススメの小型掃除機

ということで僕が使っている小型掃除機はこのタイプです。

FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800
Amazon.co.jp: FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800

2013/12/29現在、\1,836円で購入できます。 安い。

こいつが非常に捗る! 今年の4月頃に購入したものですが、実際、これを使い始めてから、通常の掃除機を全く使わなくなりました。
2013-12-29 10.24.19_small

吸引力ですが、ホコリや毛髪を吸い取るには十分。 ちょっと固くなってしまったホコリについても、結構吸い取ってくれます。
僕は試してないですが、こぼした水や、500円玉も吸い込める程度のパワーがあるそうな。

充電式です。 充電スタンドが付属しているので、使っていないときはここに立てておけば充電もされて置き場所にも困らない。
むしろ、ちょっとしたときに使うことを考えると目立つところに置いたほうがいい感じですよね。
2013-12-29 10.22.42-1_small

小型掃除機のデメリット

褒めるばかりだとステマ地味てくるので、半年間使った上でちょっとデメリットだと思った部分について。

充電が必要なことがひとつ。 まあそりゃ当然なんですが、動力が必要です。 そのため、どうしても充電が必要になってきます。
一応僕が使ってる小型掃除機は、充電スタンドが付属しているので、保管している状態がイコールで充電になってるので、そんなに気になることはないんですけどね。

また、充電が弱まってくると吸引力も下がることもひとつ。
フル充電状態なら吸引力はそれなりにあるので気にならないんだけど、長時間使ったり充電しないまま置いてたりすると、吸い込む力がだいぶ弱くなっちゃいます。 たぶん、ちょっと固くなったホコリは吸い取れないかも。 まあ対案として、付属しているブラシを先端に付けて、それでホコリを落としながら吸い込むということも出来ますけどね。

とはいえ!

デメリットも一応あげておきましたが、まあ強いて言うなら…程度のものなので、個人的には正直気にならないレベルだと思ってます。

1800円程度の掃除機で気軽に掃除出来るようになるなら御の字でしょう、コストパフォーマンス的にこの選択はアリだと思いますよ。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly