iPhone版のGoogle Chromeのエンコード自動検出設定


2013-0707-203709

iPhone版(iOS版)のGoogle Chromeを使っているうえで、
たまーにWebサイト文字のエンコードが化けてくる場合があります。

どうやら古いバージョンのGoogle Chromeだとエンコード設定をする項目がないらしく、
色々探したもののエンコードの変更方法が不明なまま悲しい思いをしていたのですが
最新バージョン(28.0.1500.16)にアップデートしたところ
エンコードの自動検出設定が可能になってました。

スポンサードリンク

 

iPhone/iPad版 Google Chrome

iTunes App Store: Chrome

エンコードの自動検出

先ずはトップメニューから「設定」を選択。
IMG_6097_small

やや下の詳細設定に「コンテンツの設定」があります。
ここを選択。
IMG_6098_small

「エンコード自動検出」をオンにしましょう。
IMG_6099_small

すべてのタブが再読込されます。
続行を押せば設定完了でございます。
IMG_6100_small

以上です。

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly