夏休みは珍スポットへ行ってみる? 廃墟、地下空間、珍建造物etc… iPhoneアプリ版『ワンダーJAPAN』が楽しい


2013-0801-062226

たまーに遠出して、郊外・山中で奇妙な建造物や廃墟チックな建物を見つけると
サブカルをこじらせてしまい、『廃墟に行ってみたい!』とか、
『変わった建造物を巡ってみたい!』とか思うことが多々あります。

僕だけでしょうか?
いや、世の中に一定の廃墟本があることからもわかるように
こうした廃墟や珍スポットを紹介するブログ等はやっぱり
一定の需要があるものですよね。 きっと。

そんなサブカル欲を満たしてくれる良さげなアプリがありました。

珍スポット、巨大建造物、大仏、珍建築…
そんな不思議なスポットのみを特集する雑誌『ワンダーJAPAN』
iPhoneアプリ版をちょっと覗いてみました。

スポンサードリンク

 

ワンダーJAPAN

ワンダーJAPAN
カテゴリ: ブック, 旅行

無料でダウンロード可能です。
ちょっとばかし、広告が鬱陶しい感じですが…。

 

公式サイトの説明曰く、
フツーの旅はもう飽きた!
日本の《異空間》探険ガイドアプリが登場!

巨大建造物・廃墟・地下空間・戦争遺跡・珍建築・大仏大観音・珍スポットなど、
通常の旅行ガイドブックなどでは取り上げないもう一つの日本を紹介する
唯一無二の雑誌「ワンダーJAPAN」がついにアプリとなって登場!

歩いていてふと見つけた変な建築物のなんともいえない面白さ。
夜、高速道路を走っていた時に見かけた、
イルミネーションのような巨大工場のちょっと驚く美しさ。

そんな誰もが一度は体験したことのある日本の《異空間》の中から、
選りすぐりの500件以上の物件を画像と解説文で紹介!

とのこと。(抜粋)

見てみよう

トップ画面はこんな感じ。
軍艦島からマケドニア感溢れる後光が。
IMG_6091_small

このトップ画像、起動するたびに変わるみたいですね。

エリア別に見てみよう

マップから珍スポットの場所も表示されるようになってました。
東京近辺にもこんなに珍スポットがあるんですね、
ちょっと近場だったら休日とかにでも自転車で脚を運んでみたいかも。
IMG_6093_small

廃墟を見てみよう!

物件(?)のジャンル別にソートすることも出来ました。

とくれば、やはりチェックするのは廃墟でしょ!
ということでジャンル『廃墟』で絞り込んでみたの図です。
上位に『夕張の町並み』が表示されるのはちょっとした嫌がらせでしょうか?
(まあ、実態を考えるとわからないでもないんですが)
IMG_6087_small

国内廃墟の大ボス、『軍艦島』もありました。
IMG_6088_small

マヤカンこと『摩耶観光ホテル』や、
IMG_6103_small

『中城高原ホテル』なんかもありました。
IMG_6104_small

 

流石に廃墟物件については、
住所やマップまでは表示されないみたいですね、ひっそりと残念。

地下空間を見てみよう!!

男なら首都圏外郭放水路!
ということでジャンル『地下空間』でも絞込みしてみました。

超定番の『首都圏外郭放水路』
IMG_6090_small

特撮でもよく使われる『大谷石地下採掘場跡』
IMG_6101_small

日本にこんなところもあったのか! と驚く『富士風穴』など。
IMG_6102_small

総括

こうして数々の物件をチェックしてると、
色々と実際に見てみたいモノが実際に出てくるものですねぇ。

廃墟類を見に行くのはちょっと敷居が高いですが、
一般公開されている地下空間やB級グルメ、珍寺・珍神社、産業遺跡などは
足を運べば見られそうなので、この夏休みのシーズンに、
このアプリとマップ片手に珍スポットをチェックしてみてはいかがでしょう。

あ、どうでもいいですが僕には夏休みはありませんでした!

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly