Wi-Fi経由でiPhoneを同期してみる


2012-1030-135902.jpg
iOS5では、従来ケーブルをPCに接続して同期していたiPhoneやiPadを
Wi-Fi経由で同期出来る様にする機能が追加されています。
というか、先日までこの機能があったことに気付かずにそのままにしていたのですが…w
これがあれば、わざわざ帰宅してケーブルをつないで同期をして…という煩わしい動作を
せずに同期が可能になるので、非常に便利な機能ですね。
どうして、これを気付かずにずっと生きていたんだろう、僕は。
せっかくなので、設定方法をご紹介しておきます。

スポンサードリンク

関連記事


Wi-Fi同期は、意外と簡単でiTunes側の操作だけで実行可能です。
まずiPhone/iPadをPCに接続し、iTunesの画面を開きます。
「デバイス」から接続しているiPhone/iPadを選択し、
「概要」タブの「オプション」内の「Wi-Fi経由でこのiPhone(iPad)と同期」
チェックマークを有効にし、「同期」を実行します。
2012-1030-095419.jpg
設定としては上記の手順のみで、後は下記の条件を満たすと自動的に同期が実行されます。
・iOS デバイスが電源に接続されている。
・コンピュータ上で iTunes が開いている。
・iOS デバイスとコンピュータが同じ Wi-Fi ネットワーク上にある
また、このWi-Fi同期を利用するには、iTunes 10.5 以降と iOS 5 以降である必要があります。
自宅で無線LAN環境を構築していれば、帰宅して充電を開始すれば
自動的に同期も実行してくれるということですね。
便利だなぁ。 なんで今までこれ使わなかったんだろう僕。 (しつこい)

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags: