通信量制限に引っかかる前にやっておこう AU携帯電話の現在の通信量を確認する方法


Cap 2015-03-24 19.37.59

やられてしまいました。

AU, docomo, SoftBank… 国内の主要各キャリアは、スマートフォン向けのSIMの1ヶ月のデータ通信料を7GBまでと定めています。 月の通信量が7GBを越えてしまうと、各キャリアとも通信速度をかなり制限するのですね。

で、僕は今回はじめてこの7GB制限を超過してしまったというわけです。 もうiPhone自体は3Gの時代から使っているので、かれこれ6年近くスマートフォンを使っているのだけど、はじめての経験だなあ…。

2015-03-24 07.17.19

そんなわけで、今現在使っているAUのキャリアで、現在の通信量を確認する方法を調べてみました。 Web画面から行えます。

スポンサードリンク

関連記事

通信量を確認する方法…AUの場合

ということで、AUの携帯電話での現在の通信量を確認する方法です。 スマートフォンアプリからでも確認できるようなのだけど、いらんアプリをインストールしたくないので僕はWebから確認するようにしています。

まずは下記ページへ移動しましょう。


今月の利用料金を確認したい | 料金・ポイントを確認したい | 料金・割引 | auお客さまサポート

画面上部の右側、「今すぐ確認・変更」へ進みます。
Cap 2015-03-24 7.21.16

続いて、au IDでログイン。 ページにも書いてますが、au IDの初期設定は自分の携帯番号です。 今までログインしたことないよという人は、多分そのまま携帯番号となっているはず。
Cap 2015-03-24 7.47.39

ログインが完了すると使用料金が表示される画面に移動できます。 その中段に「LTE通信量合計」という項目があります。 ここが今月分の通信量になるわけです。
Cap 2015-03-24 7.50.41

この値が7GBを超過していると、通信速度に制限がかかるというわけですね。 ふむ、見事に越えてやがる…。

「内訳」をクリックすると、前月の通信量やKB(キロバイト)単位での通信量がチェックできます。
Cap 2015-03-24 7.21.54

動画

通信量制限に達した場合の速度

通信量制限の7GBに達してしまった場合、通信速度は128kbps上限に制限されます。

他のキャリアとも見比べてみたのだけど、AU, docomo, SoftBankの3キャリアはどれも7GBで128kbpsへの速度制限となるサービス内容となっていました。

128kpbsは遅いのか?

実際のところ、文字だけの通信だったら128kpbs上限でも割と支障ないなという感じだったりします。

例えばTwitterだったり、LINEだったり、メールだったり。 この辺りは割と平気です。 文字だけの通信の場合は強烈な遅さを感じることもありません。

写真や動画が入ってくると途端に力不足の感がありますが、文字だけであれば今の御時世も128kbpsで結構十分みたいです。

要するに動画や音楽のストリーミングは出来ないよという感じですね。

通信量制限のリセット日

AUの場合、通信量制限7GBのリセットは毎月1日としています。

今回の僕の場合、23日に7GBの上限に達してしまったのであと8日間は128kpbsで耐え忍ぶ必要があるということなのですね…。

やはり一般キャリアで動画やネットラジオを使ってはいけない

しかしなんで急に通信量制限を越えてしまったのだろうか?

思い当たる節としてはふたつ…。 「ネットラジオを良く聴くようになった」のと「移動が多かったのでテザリングを多用した」ことか。

僕はあまりスマートフォンで動画を見ない(PCでのみ)ので、7GBに到達することはほとんどないのだけど、ネットラジオは自分が思っていたよりも通信量が発生するのだということのようですね…。

僕はこのDigitally ImportedRadioTunesを聴いています。 自宅のWi-Fiで楽しむ分には全然問題ないのだけど、やっぱり携帯電話のキャリアを使ってのネットラジオはダメですね…。 ちょっと自粛します。

ネットラジオ局Digitally Importedのサイトがリニューアルでとても使いやすくなってたよ | Tipstour


作業用BGM インストゥルメンタル系78チャンネルが集う「RadioTunes」が優秀 | Tipstour

テザリングも危険かもしれない

携帯電話でのテザリングも危険信号です。

テザリングとは携帯電話の通信キャリアを共有して他のPCや機器をインターネットに接続する方法ですが、これも結局はこの7GBの中での通信になるわけなので、ここでPCで動画や音声を再生してしまうと制限に達する可能性が高くなるわけです。

本当にときどき使う分にはテザリングでも十分なのだけど、使用頻度が高くなってくるとちょっと危ない匂いがしてきます。 テザリング後は上記の方法で通信量を確認しておくのが良いと思います。

まとめ:そろそろ通信方式を見直す時期かもしれない

  • 各キャリアとも、7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかる
  • 現在の通信量の確認はWebから可能
  • 携帯電話での動画や音楽のストリーミングは危険
  • テザリングの多用も要注意

上限を超えない一番の秘訣はやっぱりこまめに通信量をチェックしておくことでしょうね。 現在の通信量をはっきり把握できていれば、あとは使い方を見直すことである程度はカバーできますから。

 

そういえば僕、以前はWiMAXを契約していてWi-Fiも使える状況としていたのだけど、あまり使わないので解約してしまったのですよね。

今まであまり外にPCを持ちだしての作業や、スマートフォンで動画を見たりというようなことをしていなかったことと、当時はWiMAXのカバーエリアが狭かったということもあったりしました。 (今も全国を完全にカバーできているとは言えないけども。)

まあそういうこともあって「ちょっとした通信ぐらいならテザリングで十分だな」などと思っていたのだけど、この方式もちょっと改めた方がいいのかもしれないですね。

 

ここ最近はネットラジオをまた聴き始めていたり、ちょうどお仕事の形態自体がガラリと変わりそうな気がしているので、ちょっと方針を変えようと思っています。 今後は再びWi-Fiサービスをメインに契約して、そちらでの通信をする方向としていこうかな。

そうなると今の一般キャリアに固執する必要もないんだよね。 携帯電話のSIMも、一般キャリアのような高額なものではなくてデータ通信のみのサービスに乗り換えてもいいのかもしれない。

例えば、IIJmioというSIMサービスが安いと評判なので、携帯電話キャリアは乗り換えてしまって、データ通信量の多い通信は別途Wi-Fiサービスをメインに使うなど、というようなスタイルの方がお金も節約できそうだなあ。 …と、考え中なのです。


データ通信専用SIM | IIJmio

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly