iTunesを使ってiPhoneをバックアップ→復元するまでの流れまとめ【新機種へのデータ移行方法!】

以前使っていたiPhone5sから、iPhoneSEへと移行する機会に、iPhoneのデータをバックアップしてから新機種へ移行するという作業を行ったことがありました。

今日は、その一連の流れを備忘録としてまとめておこうと思います!

 

今回はiPhone5s→iPhoneSEへの移行ですが、その他のiPhoneや、同じくiOSデバイスであるiPadのデータ移行でも、同様の方法でいけるはずですよ。

ご参考程度に、それではどうぞ!

スポンサードリンク

関連記事

作業の流れ

さて、先にデータバックアップから移行までの流れをおおまかに並べておきますね。

  • 旧・iPhoneをコンピュータに接続
  • iTunesで旧・iPhoneのデータをバックアップ
  • 新・iPhoneをコンピュータに接続
  • iTunesで新・iPhoneにデータを移行

 

移行できるデータは写真や動画、連絡先やアプリなどです。

アプリによっては、事前にアプリ自体でデータの移行設定やバックアップなどをとっておく必要があるものもあるので、そのへんは要注意です。 (最近のゲーム系アプリに多いのかな?)

念のため、移行時には旧・iPhoneのデータはそのままにしておくことを、オススメします!

旧・iPhoneのデータバックアップ

まずは、旧・iPhoneのデータバックアップについて。

コンピュータに接続して、iTunesを起動しましょう。

下記のようなiPhoneのボタンが表示されてくると思うので、ここをクリック。

 

iPhoneのデバイス情報画面が表示されるので、この画面で「今すぐバックアップ」を選びましょう。

 

通常はこれでバックアップが開始されますが、場合によってはこんな感じでiTunes側に同期していないファイルやデータなどがあり、それらも含めてバックアップするかどうかの確認が表示されます。

とりあえずここは、「購入した項目を転送」で良いかと思います!

 

また、バックアップデータを暗号化するかどうかの確認も出てきました。

気密性の高いデータをバックアップ・移行しようと思っている場合は、暗号化をすることになります。

が、基本は「暗号化しない」で大丈夫だと思いますよ。

バックアップが完了したら、このように「最新のバックアップ」が今日の時刻になっているはずです。

これでバックアップはOK、コンピュータ内にバックアップデータが保存されています。

 

実際のバックアップファイルの置き場所については下記記事をどうぞ!

IPhoneバックアップを二重バックアップすることで信頼性を高めよう | Tipstour

新・iPhoneにバックアップしたデータを移行する

バックアップが完了したら、次は移行する対象の新・iPhoneをコンピュータに接続しましょう!

 

さきほどと同様にiPhoneのデバイス情報画面に移動すると、初期セットアップの場合はこのように「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されてきます。

(本体を購入した店頭などで、すでにセットアップをしている場合はこの画面が表示されないかもしれません。)

 

この画面にて、「このバックアップから復元」でさきほどバックアップした旧・iPhoneのデータを選びます。

そして「続ける」へ。

 

特に問題がなければ、そのままバックアップデータの移行がはじまります。

さきほどのバックアップ取得画面で暗号化の設定をしていた場合、設定したパスワードの解除などが求められるかもしれません!

 

後はデータ移行完了を待つだけ。

移行完了ができたら、iPhone側で簡単な初期セットアップをすることで、旧・iPhoneのデータがそのまま使えるようになっているはずですよ!

スポンサードリンク

 

以上、iPhone間のデータ移行方法の簡単なまとめでした。

細かい画面は、iTunes側のアップデートによって変わるかもしれませんが、基本は「バックアップを取って」「新しいデバイスにコピーする」という流れに必ずなります。

以上、ご参考までに。

それでは!