• Mac
    Macbook Air 11inchの持ち運び用ケースを買ってみた
    2013年3月10日
  • Excel
    【Excel】スペース区切りでセルを分割する方法
    2016年4月24日
  • その他
    建物全体が卵の形をした、一風も二風も変わった渋谷のクラブ『LX』に遊びに行ってみた!
    2014年1月25日
  • Excel
    【Excel】データ入力時間を圧倒的短縮!「フラッシュフィル」機能を活用しよう
    2017年10月5日
  • Mac
    VJソフト「Coge」をアンインストールして別PCに再インストールする際のライセンス初期化の方法
    2015年11月2日
  • Mac
    Macのストレージを食い潰す「バックアップ」を削減する方法 (Yosemite版)
    2016年2月2日
  • 旅行
    中国と香港の境目をGoogleストリートビューで見てみたら割と面白いことになっていた
    2013年9月18日
  • コマンド
    【Powershell】実行時間や結果を含むコマンド実行履歴をCSVに出力する方法
    2015年9月29日
  • Excel
    【Excel】データの平均値と中央値を求める関数 両者の違いと使い分けまとめ
    2017年7月10日
  • Webサイト
    無料ユーザ必見、Dropboxアプリを使って容量を簡単に3GBも増やすワザ
    2013年11月23日
  • Mac
    MacBook Pro(2014 Midモデル)を古くからのしきたりに従い開封の儀を執り行った。
    2015年1月7日
  • フリーソフト
    ファイル数・サイズを指定してダミーファイルを生成してくれるフリーツール
    2014年6月9日
  • 旅行
    2012/10/17 世界遺産 屋久島の旅 - day3 屋久島一周ドライブ
    2012年11月7日
  • Webサイト
    自分が何に時間を浪費しているかを知るべし。 生産性を視覚化してくれるツール「RescueTime」がアツい
    2015年6月10日
  • Windows
    【Windows10】コントロールパネルを復活させる
    2015年7月31日
  • 旅行
    Spotifyプレミアムが海外旅行でメチャ便利な理由
    2017年1月29日
  • スタンス
    深夜の成田空港に取り残されたときに覚えておくといい4つのこと
    2014年10月26日
  • Windows
    「無変換」キーを間違えて押してカタカナになった時は、もう2度押せば元に戻る
    2013年2月20日
  • アイテム
    Leki製トレッキングポールにカメラをマウントする「フォトアダプター」を取り付けてみた
    2014年10月31日
  • Excel
    【Excel】オブジェクト間を直線コネクタでつないだときに起きる微妙なズレを調整する方法
    2012年7月12日
  • Windows
    【Windows10】ピクチャのフォルダを移動・変更する方法
    2017年7月5日
  • Excel
    【Excel】一度入力した内容を別セルに一発入力する「オートコンプリート機能」
    2015年4月18日
  • コマンド
    文字列のコピーから辞書登録ウィンドウを開くまで一瞬で行うショートカットキー
    2012年5月22日
  • ニュージーランド
    【NZ】長旅するならBBHカードは必需品! グループ加入のバックパッカーズが安く泊まれます
    2017年6月20日
  • Excel
    【Excel】7分の1まで縮小!画像で肥大化したファイルサイズを小さくするワザ
    2013年8月14日
  • フリーソフト
    Windows10でも無料アンチウイルスソフト「Avast!」を入れておけば十分!
    2015年8月24日
  • フィリピン
    海賊版のバッグ/電子製品/改造エンジニアが集うマニラの「グリーンヒルズ」がカオスで楽しすぎた(動画あり)
    2016年3月8日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その1 ロトルア→ギズボーン 5日間の旅
    2016年12月15日
  • Windows
    【Windows10】Updateで「更新プログラムをダウンロードしています」から進まなくなるエラーの対応方法
    2016年5月27日
  • ニュージーランド
    【NZ】ニュージーランド・ノマドツアー その14 ニュージーランド最南端・スチュワートアイランドの「ラキウラトラック」へ
    2017年8月13日

IntensityShuttle_2016-03-12 16.11.57

これでTVゲームもキャプチャできるぞ!!

 

去年あたりから、収益化実験を兼ねてYouTubeにゲームのプレイ動画をアップロード中です。


slyellow2 Gameplay - YouTube


【収益化実験】ゲームのプレイ動画をYouTubeに60fpsでアップロードし続けてみる | Tipstour

アップロードし始めてから半年ぐらい、動画数にしてだいたい200くらいアップロードした感じです。 現在のところ、収益としては5円/月ぐらいかなw

どちらにせよ動画をアップして減るものもないので、継続していくつもりです。 チャンネル登録者数も世界各国からじわじわと増えてきてるので、これからですね。

 

さて。 今まではPCゲームでの動画キャプチャだけだったのだけど、TVゲームもキャプチャしたい! というわけで、新しくキャプチャボードを購入しました。

「Intensity Shuttle」です。 最近はWiiUもプレイしているので、こっちの動画もキャプチャしていくつもりだよ!

スポンサードリンク

関連記事

Intensity Shuttle

Intensity ShuttleはBlackMagic Design社の製品です。 まあ、詳しいスペックとかは下記を見てもらえればと。


Blackmagic Design: Intensity

価格帯は2万円強と、セミプロ仕様ぐらいのレベルかな。 HDMIやS-Video、RCAなど幅広くIN/OUTの端子が用意されているので、どんな環境のゲームでもキャプチャできそうです。

ただしHDCP(コピー防止機能)が設定されているようなゲーム機だとキャプチャ不可らしいので注意。 WiiUは大丈夫。

 

さてこのIntensity Shuttle、USB3.0版とThunderbolt版が存在します。

 

僕はメイン環境がMacBookProなのでThunderbolt版も選択肢のひとつではあったのだけど、「価格が少し高くなる」ことと「今後WindowsPCでも使う可能性がある」ので、USB3.0版を選択しました。

MacBookでの動作について

ちなみに、購入前に日本の販売代理店に色々と問い合わせをしてみました。

 

Intensity Shuttleについては、MacBook Pro環境での動作確認を実際に行っているらしく、スペックとOSが対応さえしていれば、基本は動作するとみて問題ないようです。

また、Thunderbolt版の方が転送速度や安定度は高いらしく、MacBookの環境であれば基本はThunderbolt版の方がオススメなのだそうな。

☑ MacBookでの利用は問題なさそう

返品については?

Amazonのレビューなどを見てみると、ハードウェアの相性不良によって動かなかった…という例があるみたいです。 (まあレビューを書いた人の設定不足なのか、それとも本当に相性による不良なのかは、わからないけども。)

そういわれると、2万ちょいの買い物だしちょっとだけ不安になっちゃうな…ということで、これも質問してみました。

結論としては、ハードウェア相性による動作不良は返品の対象外となるようですね。 あくまで初期不良での交換のみ、だそうです。

公式サイトで動作要件は明記されているので、これを確認の上購入する必要があります。

開封の儀

というわけで、開封の儀!

こちらが外装です。 日本語マニュアルはBlackMagic Designのサイトから入手可能とのこと。

2016-03-12 16.09.22

裏面。 ソフトもですがこの製品、基本は英語です。

2016-03-12 16.09.31

これが中身。 本体とマニュアル類、そしてUSB3.0のケーブルが付属してます。 HDMIのケーブル等は付属してないので、必要に応じて用意のこと。

2016-03-12 16.11.20

本体です。

2016-03-12 16.12.17

iPhone4sとサイズ比較してみる。 これ、思った以上にコンパクトなのですね。

2016-03-12 16.12.07

英語版のマニュアル、およびドライバーはなんとSDカードに入ってました。 Sdカード自体は4GBのものです。 へぇ、何かに再利用しようかな。

2016-03-12 16.53.06

ドライバーですが、公式サイトから最新版をダウンロードしておいた方がよいでしょう。 ダウンロードにはIntensity Shuttle本体のシリアル番号が必要でした。

スポンサードリンク

 

というわけで、今回は開封の儀だけ。 実際にWiiUにつないで画面をキャプチャする方法や設定などについては、改めて記事に書きますね。

それでは!!