TVゲーム動画キャプチャのために「Intensity Shuttle」を買ってきたので開封の儀


IntensityShuttle_2016-03-12 16.11.57

これでTVゲームもキャプチャできるぞ!!

 

去年あたりから、収益化実験を兼ねてYouTubeにゲームのプレイ動画をアップロード中です。


slyellow2 Gameplay – YouTube


【収益化実験】ゲームのプレイ動画をYouTubeに60fpsでアップロードし続けてみる | Tipstour

アップロードし始めてから半年ぐらい、動画数にしてだいたい200くらいアップロードした感じです。 現在のところ、収益としては5円/月ぐらいかなw

どちらにせよ動画をアップして減るものもないので、継続していくつもりです。 チャンネル登録者数も世界各国からじわじわと増えてきてるので、これからですね。

 

さて。 今まではPCゲームでの動画キャプチャだけだったのだけど、TVゲームもキャプチャしたい! というわけで、新しくキャプチャボードを購入しました。

「Intensity Shuttle」です。 最近はWiiUもプレイしているので、こっちの動画もキャプチャしていくつもりだよ!

スポンサードリンク

関連記事

Intensity Shuttle

Intensity ShuttleはBlackMagic Design社の製品です。 まあ、詳しいスペックとかは下記を見てもらえればと。


Blackmagic Design: Intensity

価格帯は2万円強と、セミプロ仕様ぐらいのレベルかな。 HDMIやS-Video、RCAなど幅広くIN/OUTの端子が用意されているので、どんな環境のゲームでもキャプチャできそうです。

ただしHDCP(コピー防止機能)が設定されているようなゲーム機だとキャプチャ不可らしいので注意。 WiiUは大丈夫。

 

さてこのIntensity Shuttle、USB3.0版とThunderbolt版が存在します。

 

僕はメイン環境がMacBookProなのでThunderbolt版も選択肢のひとつではあったのだけど、「価格が少し高くなる」ことと「今後WindowsPCでも使う可能性がある」ので、USB3.0版を選択しました。

MacBookでの動作について

ちなみに、購入前に日本の販売代理店に色々と問い合わせをしてみました。

 

Intensity Shuttleについては、MacBook Pro環境での動作確認を実際に行っているらしく、スペックとOSが対応さえしていれば、基本は動作するとみて問題ないようです。

また、Thunderbolt版の方が転送速度や安定度は高いらしく、MacBookの環境であれば基本はThunderbolt版の方がオススメなのだそうな。

☑ MacBookでの利用は問題なさそう

返品については?

Amazonのレビューなどを見てみると、ハードウェアの相性不良によって動かなかった…という例があるみたいです。 (まあレビューを書いた人の設定不足なのか、それとも本当に相性による不良なのかは、わからないけども。)

そういわれると、2万ちょいの買い物だしちょっとだけ不安になっちゃうな…ということで、これも質問してみました。

結論としては、ハードウェア相性による動作不良は返品の対象外となるようですね。 あくまで初期不良での交換のみ、だそうです。

公式サイトで動作要件は明記されているので、これを確認の上購入する必要があります。

開封の儀

というわけで、開封の儀!

こちらが外装です。 日本語マニュアルはBlackMagic Designのサイトから入手可能とのこと。

2016-03-12 16.09.22

裏面。 ソフトもですがこの製品、基本は英語です。

2016-03-12 16.09.31

これが中身。 本体とマニュアル類、そしてUSB3.0のケーブルが付属してます。 HDMIのケーブル等は付属してないので、必要に応じて用意のこと。

2016-03-12 16.11.20

本体です。

2016-03-12 16.12.17

iPhone4sとサイズ比較してみる。 これ、思った以上にコンパクトなのですね。

2016-03-12 16.12.07

英語版のマニュアル、およびドライバーはなんとSDカードに入ってました。 Sdカード自体は4GBのものです。 へぇ、何かに再利用しようかな。

2016-03-12 16.53.06

ドライバーですが、公式サイトから最新版をダウンロードしておいた方がよいでしょう。 ダウンロードにはIntensity Shuttle本体のシリアル番号が必要でした。

スポンサードリンク

 

というわけで、今回は開封の儀だけ。 実際にWiiUにつないで画面をキャプチャする方法や設定などについては、改めて記事に書きますね。

それでは!!

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly