スパイウェアを検出、駆除するフリーソフト「Spybot S&D」


2013-1230-100102

スパイウェアとコンピュータウィルスはまた少し異なるもので、ウィルス対策は完全であるにもかかわらずスパイウェアはPC内にこっそり入っていて、ユーザに気付かれないレベルで悪さをしていたりします。

何故自分から入れた記憶のないスパイウェアが入っているかというと、フリーソフトのインストール時にこっそりスパイウェアが含まれていたりする場合もあるからです。 その他の理由も色々あるのですが…。

自分からインストールした場合、そのソフトウェアの利用規約なんかにも一応こっそりと記載されていたりして、ユーザは気付かないにせよ同意の上インストールしている、といったものもあるのです。

実際ユーザに気付かないレベルでの動作とはいえ、場合によってはキーロガー(入力した文書やパスワードの内容をこっそり盗み見たり)や、個人情報を外部にこっそり送ったりしてるものもあったりするのでやっぱりスパイウェアは不必要であれば駆除してしまいたいものです。

ということで、そのスパイウェアを検出し、駆除してくれるフリーのソフトがあります。 それが「Spybot S&D」です。

名前がややこしいですが、これはスパイウェアではなく駆除ツールです。 S&Dは、 Search & Destroy の略ですね。

スポンサードリンク

関連記事

Spybot S&D

Spybot – Search & Destroy from Safer-Networking Ltd.

上記ページのリンクから、Download出来ます。

インストール中には色々メッセージが出てきますが、とりあえずはそのまま「次へ」を押していきましょう。
ssad001.jpg

起動すると、このような画面が出てきます。
ssad002.jpg

一緒に「レジストリの完全なバックアップを作成」というウィンドウも出てきますが、
これも一応実行しておきましょう。
ssad003.jpg

完了したら、『スキャン開始』をクリックします。 そうすると英語のちっさいメッセージが出てきますが、気にせず「Yes」をクリック。
ssad004.jpg

さて、そうするとスキャンが始まります。 下の緑色のバーが現在の進捗状況です。 初回のチェックは、結構時間がかかるかもしれません。 気長に待ちましょう。
ssad005.jpg

スキャン完了したら、結果が表示されます。 私の場合は、大丈夫! 何も検出されませんでした。
(まったく検出されないのも紹介にならないので困りどころですがw)
ssad006.jpg

一応、以前に他のPCで試した際はどのようなスパイウェアが入っているかの一覧が表示されて、そのまま「問題箇所を修正/削除」をクリックするとSpybot自体が駆除してくれました。

思わぬところでスパイウェアがインストールされている場合もあるので、「自分は大丈夫」と思わずにインストールしてスキャンしてみることをオススメしますよ。

関連

Spybotの常駐プログラム TeaTimer.exe を停止する | Tipstour

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly