Evernoteクライアントで特定の単語を除外検索する方法(2014年8月版)


evernote07

最近ずっとEvernoteクライアントに否定的な記事ばかり描いていた気がするので、たまにはEvernoteクライアントのTipsについても掲載しておきたいと思います。

Evernoteに限ったことではないですが、キーワード検索する際に「この単語だけは除外して検索したい」ということがたまにあります。

通常の検索だと特定のキーワードを入れればそれが検索されて結果が表示されてくるわけですが、特定の単語を除外して検索というのをどうやったらいいかについて、ご紹介しておきます。 簡単ですよ。

スポンサードリンク

 

Evernoteにて除外検索をする方法

除外検索をする方法ですが、いたってシンプルです。 画面上部の検索バーにて、下記の要領でキーワードを入力します。

-[キーワード]

除外検索したい特定のワードの頭に「-」(ハイフン)を入力します。 例えば「Tipstour」という単語を除外したい場合は -Tipstour と入力してあげる、といった具合ですね。

こんな感じ

実際に除外検索をしてみるとこんな感じです。

こちらは除外する前。 「tesuto」という単語を除外してみます。 検索バーの「999 Test [aNote]」というのは、ノートブック名ですね。 このノートブック名の後ろに入力します。
2014-0807-194645

-tesuto と入力しました。 該当するキーワードを含んだノートが、表示されないようになっていることがわかりますね。 除外したいキーワードの頭にハイフンを入れる。 これだけです。
2014-0807-194658

他のアプリの検索でも使える

この方法、Evernoteに限らず条件付検索では幅広く使われている文法です。 GoogleやYouTube、ニコニコ動画などのメジャーなWebサービスの検索機能ではだいたい、この方法が使えます。

特にニコニコ動画では、見たくないタグなどを除外検索することでお目当ての動画に辿り着きやすくなる、なんてこともありますね。 広く一般的に使える方法なので、覚えておくといい感じですよ。

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly